息子さんが甲子園の出場されるお母さんへ ユニフォームの洗濯は僕が引き受けます

甲子園といえば高校野球 来月から春の甲子園が開催されます。
そんな中昨年に作ったサイト
甲子園クリーニング.com
スクリーンショット 2015-02-11 22.47.16

現在2校からお問い合わせを頂いております。

最初にご注文頂いたのは3年前の夏の甲子園でした。
その時は、高校から直接お問い合わせをいただきました、しかし、今回の2件のご注文は
球児の保護者からのお問い合わせ。

甲子園大会期間中 保護者がユニフォームを洗っている

 

学校にもよりますが、開会式の1週間前から大阪の滞在を開始し始めて、練習を開始します。
その時から、保護者が実費で一緒に大阪のホテルに滞在して、選手のユニフォームの洗濯を
行っておられます。

洗濯するのは、ホテルの近くのコインランドリーで…

もちろん、毎日23名分の洗濯物は確実に重労働です。
練習が終わってからコインランドリーで洗い始めると、洗い終わるのは夜中0時を回るみたいです。
『正直、体力の限界です。』

これが、甲子園に出場した保護者の声でした。。。
体がしんどくて、肝心な甲子園の応援ところではないですよね(笑)

選手の保護者の方も全員が手伝えるはずもなく、仕事を休めない方は、
後ろめたさも感じるはずです。

保護者の方は口を揃えて僕に言ってくれます。
『お金で解決したい』って。

この言葉にはいろいろな意味が含まれているんだな〜って思います。

私たち甲子園クリーニングは面倒な洗濯を全て引き受けます。

練習・試合終了後にホテルに伺って、ユニフォームの回収し、洗濯します。
翌日夕方までにホテルへお届けします。

決して安くない買い物です。でも、毎日の重労働に比べると価値のあるものだと思います。


The following two tabs change content below.
壁下 陽一
大阪府羽曳野市にある工場付き店舗と阿倍野区にある直営店の2店舗経営する(有)クリーニングビー代表取締役です。  店舗運営に加えて宅配クリーニングにも力を入れる。洋服のクリーニングだけではなく、洋服のメンテナンス方法を分かり易くブログで紹介しています。 たまにブログやFacebookの使い方講座などの講演活動も行っています。