ZARAやH&Mを購入するにはそれなりの勇気が必要


こんばんは 羽曳野市恵我ノ荘と阿倍野区松崎町でクリーニング屋をしている
クリーニングビーの壁下です。

先日同業のクリーニング屋の方とお話したこと。

最近、ZARAやH&Mの衣料からよく色が出るでーーー
クリーニング屋によってはZARAやH&Mのクリーニングを
断るところも出てきてるみたい。

という会話になりました。

FF

 

 

 

色が出る とは…

生地に色をつける時に十分に衣類の記事に染色を定着させる行程をしていない場合、

洗濯するとその色が滲み出ることを言います。

そんな時は洗濯している液は透明からいろいろな色へ変化します。

こういった色が滲み出ることは有名なメーカーでもそのような事例があります。
特にイタリア製のインポート物とか。Pucciとかね。
色鮮やかな柄の洋服などはクリーニング屋は特に注意してクリーニングします。
10年程前の婦人服ブランドLEONARD(レオナール)さんとかは特に色が出ましたね。
今では品質が改良されてそんなことはありません。
鮮やかに染色することはとても難しいことなんでしょうね。

現在 H&MやZARAの色泣きは特に多い

現在、クリーニング屋さんの最注意メーカーはZARAやH&Mなどのファストフッションメーカーの衣類です。最近では、お客様とのトラブルを避けるためにH&MやZARAなどのクリーニングの取り扱いをお断りするクリーニング店もあるみたいです。

一部の方の認識では
『ZARAやH&Mなどのファストファッションをクリーニングに出すなんて信じられない』

と言われる方もございますが、若い方達にはある程度のブランドと認識されています。
デザイン性が高いかも知れませんが、品質としては酷いです。

しかし、ファストファッションと呼ばれるブランドが品質が悪いのは仕方が無いこと!
価格が安いのですから。

 

クリーニング屋がZARAやH&Mのクリーニングを嫌がる理由

ファストファッションの衣類をクリーニング屋が嫌がるのは、
クリーニングにすら耐えることができない品質だからなのです。

一度預かってしまって、洗ってしまえば、トラブルが置きた場合クリーニング屋の責任に可能性が十分高いですからね。
洗濯事故が起こる可能性が高い洋服をお客様への説明無しにクリーニングすることは出来ません。

クリーニング出来ない洋服は衣類の価値として高いのか低いのか??
答えは明確ですよね。

家で自分で洗うのをオススメします。
買って→着て→捨てる がちょうどいい品質

H&M や ZARA などの海外ファストファッションメーカーはあまりクリーニングしない方が長持ちするかもしれませんね♪家で水洗いをして、多少をシワを残しながら着るスタイルがいいと思います。

本体価格が低いのでメンテナンスにお金を使うのはあまり賢い選択とは
言えないと僕は思います。
ファストファッションなら買って→着て→捨てる

これが一番いい(笑)
どうせ長く着れないような物作りされているので、
洗濯なんてしなくていい。ワンシーズン着たら捨てる。
それが一番素敵なファストファッションの使い方だと思います。

 

結果、ファストファッションは安くない!逆に高いと思う

ファストファッションの洋服は来年も再来年も着ることは厳しいと思います。
もちろん、購入された方も今シーズン限りと思って購入されている方が多数です。
ただし、来年繰り返しきれない洋服にしては、いくら安いと言っても結果的に高額なのは間違いないと思います。

もう少しお金を出して、本当に好きな洋服を買った方がいいと僕は思います。
でも、流行を追い求める若い方はそれも一つのオシャレなんでしょうね。

 

ファストファッションでもユニクロは別格!品質は良い!!

ファストファッションといっても、ユニクロは別ですよ! ユニクロはファストファッションといえど、製品はすごくいい!!縫製もいい!!
有名なイタリアメーカーよりずっと品物はいいです。アルマーニなんかよりね。
ユニクロは安くて良い品物ですのでクリーニングするのは正解です。
何年も着れますから。

 

まとめ

H&MやZARAはクリーニング屋に出すほど良い品質をもった衣類ではない
使い捨て感覚で買うことをオススメします。
でも、使い捨てにするなら…決して安くない買い物だということを認識して
欲しいと思います。

 

 

 


The following two tabs change content below.
壁下 陽一
大阪府羽曳野市にある工場付き店舗と阿倍野区にある直営店の2店舗経営する(有)クリーニングビー代表取締役です。  店舗運営に加えて宅配クリーニングにも力を入れる。洋服のクリーニングだけではなく、洋服のメンテナンス方法を分かり易くブログで紹介しています。 たまにブログやFacebookの使い方講座などの講演活動も行っています。