#グッとラック に出演させていただきました。甲子園クリーニングが無くなった件

本日TBS系朝の情報番組 グッとラックにVTRで出演させていただきました。有限会社クリーニングビーの壁下です。甲子園クリーニングというサービスで春と夏の甲子園に出場する学校様をサポートさせていただいております。今回の第92回選抜高校野球選手権大会(春のセンバツ)も7件のクリーニングの受注を受けておりました。開催を信じて洗濯ネットを購入して用意しておりました。

結果的には先週水曜日に中止が決まり甲子園クリーニングも今回はお休みです。

今回の取材のは甲子園がなくなってどうなったか??ということを取り上げてくれたと思います。
僕の会社は7校のクリーニングがなくなりましたので、売り上げがなくなり、僕が担当する仕事がなくなりました。中止の結果を聞いた時はどうしよう…って思いましたよ。実際(笑)今まで悩んだことはないですけどさすがに悩みました。金融機関で借り入れできるというニュースを何度も聞いたけど実際に時間かかるだろうし、僕は仕事が欲しいんです。スタッフに仕事をして欲しい。

どうしよー どうしよー って悩んだ。2時間ほど暗かったー(笑)でもね。SNS見てるとクスッと笑える投稿が目に入ったんですよね。マジでそうでもいい内容のInstagramのストーリーでしたけど、僕の心は救われた。よし!!やろう!!って とりあえず、失われた売り上げを補填しないと!!って簡単に売り上げをあげれるのがTシャツの販売でした。現在80枚ほどを販売させてもらってます。
またTシャツ工場とは打ち合わせも何もしてないですけどね。
甲子園クリーニング オリジナルTシャツ
https://maxkabeshita.thebase.in/items/26983083

で次に思いついたのが、遠距離出張クリーニング クリーニングキャラバン
http://www.cl-kabeshita.com/archives/6598

コロナウィルスでなくなった甲子園があったからできた2つの行動です。微々たるものですけどね。

テレビを見て甲子園クリーニングを知ってくれた方へ

甲子園クリーニングって初めて聞いた方へ説明させていただきますね。2012年夏の大会の数日前にある高校の旅行会社さんから連絡がありました。野球部のユニフォーム、練習着を洗って欲しい。と。僕もそんな仕事あるのかーと思い。快諾しました。1校から始まった甲子園クリーニングでしたが翌年以降も数校ずつ増えていきました。昨年の夏の甲子園で7校。今年の春も7校と契約。
今年の夏はさらなるお手伝いができそうです。

でも、依頼の半数は学校側ではなく保護者会側からなんですよね。甲子園での高校野球はスケジュールも異例の長さで2週間ほど大阪・神戸に滞在します。1回戦で負けても10日間は滞在しています。
その間ずっと選手や保護者会が選手の衣類の洗濯をする。野球部の洗濯したことある人しかわからないのですが、とんでもない洗濯量です(笑)女性はかなり辛い仕事です。そして関西出身の保護者の方が主に担当となる。日数を重ねるごとに体がしんどくなる。もちろんコインランドリー代は割り勘ですが、体力は割り勘できない。皆様同じとを言われます。「お金で解決したい」って。
しかし、学校には伝統があり以前はやってきた。と言われたらそこまでです。

そういった保護者の意見が多いのが事実
でもこれは高校野球されている保護者の方しかわからない話ですね。もし共感されてくれてら嬉しいです。個人的な意見ですが、どんどんこういった仕事は僕たち業者にアウトソージングした方がいいです。もちろん金額は高いですよ。請求書書くとすごい金額になります。
でも1人に換算すると1日千円です。1回戦に勝利して2回戦で負けても一人一万円くらいです。そうすると高くないと思います。洗濯が占める時間は多く、夏の場合はその時間を休養時間にして欲しいです。「今までは」の話をすると、今までは洗濯は自分でしていた。かもしれない。でも最近の大阪の暑さは今までになかった暑さなんです。高校球児の熱中症なんて聞いたことなかった。でも大阪では起こります。それくらい最近は酷暑。今までにない酷暑です。

実際に昨年の101回大会はベスト4のうち3校は甲子園クリーニングのお客様でした。決勝は2校ともお客様でした。
甲子園を目指している高校に通う保護者の皆様、もちろん、監督、部長

ぜひ甲子園が決まったら 連絡ください。
お待ちしております。

 

 


The following two tabs change content below.
壁下 陽一
大阪府羽曳野市にある工場付き店舗と阿倍野区にある直営店の2店舗経営する(有)クリーニングビー代表取締役です。  店舗運営に加えて宅配クリーニングにも力を入れる。洋服のクリーニングだけではなく、洋服のメンテナンス方法を分かり易くブログで紹介しています。 たまにブログやFacebookの使い方講座などの講演活動も行っています。