好きだったことはどこに消えた?? 好きだったことの見つけ方

今日は定休日の水曜日 朝から子供を保育園に送ってスタバで仕事しています。大阪の富田林のスターバックス。富田林と言うよりほぼ河南町です。20年前はよく来てたけど最近はめっきり来ない。
この道にスターバックスできるとは… 負けてるやん羽曳野!! (笑)

今日は好きだったことはどこに消えた?? ってことを書きます。5、6年前のことです。藤村先生に好きなことを書けばいい。って言われるんですよね。エクスマ塾の藤村先生は好きなことが明確です。JAZZ、BMW、F1、アメフト、飛行機 この話をするときはマジでマニアックな話をしてくれるので本当にうなづけません。軽く「そうなんですね」って気持ちのこもってない相槌を打ちます(笑)

いいなー。好きなことがあって。

こう思う人は少なくないはず。では僕の好きなことは何なんだろうって??考えるんです。
・NBA(バスケットボール)
・旅行(海外、国内)
・美味しいものを食べること

今でこそすっと出てきますが、当時は出てこなかった・・・
こういう人多いです。 そこで色々考えたんですよね。

 

好きだったことの思い出し方

仕事をしてから好きなことを続けている人ってたぶん少数派です。ほとんど仕事に黙殺されている。
僕も休まずに働いていましたからね。僕の好きなことは15歳から22歳までで形成されていることを思い出したんですよね。ちょうどその年齢で自分のお金で好きなことをできる年齢です。僕は中学卒業後すぐにアルバイトしていたので、自分のお金で遊んでました。
高校時代は洋服も沢山買ったし、お出かけも行った。部屋にはレコードとかあったな・・・
Lee101をずっと履いてました。上は古着 マンハッタンレコードのビニール袋で学校に行ってた。
NBAが好きなのは中学時代にバスケ部だったから
旅行が好きなのはバイトしたお金で海外旅行に行ってたから。

高校2年の時英語が苦手なのでHISでアメリカ西海岸に行きました。初めて飛行機です。ロサンゼルスでのホテルはフォゲロアホテル。HISの現地ガイドからホテルから出る時は気をつけてくださいね。
到着したのは日曜日の午後だったのでダウンタウン(オフィス街)はほぼ誰もいない。
各ブロック毎の筋肉ムキムキのホームレスのお兄さんたちに「お金くれ」と言われ、言われたら5$をあげていました(笑)だって怖いもん(笑)
すぐに「ロスはやばい」と思いオプショナルツアーに申し込みました。デザートヒルズのアウトレットにシックスフラッグスの遊園地 今でもロスは行きたくないです。

それでも最後は旅行は大好きになり。その後は
ロス2回 サンフランシスコ2回 ラスベガス2回 ニューヨーク、フロリダ、シカゴと沢山旅行しました。ハワイも学生時代に2回行った。全部遊びです。

僕の中で海外旅行は、不自由を感じることができること。だったんですよね。
日本で不自由さを感じることはほぼありえない。言葉は通じるし仕事もある。でもアメリカでは言葉が通じないので不自由です。文字も読めない。ほぼ勘です(笑)でもなんとでもなる。人間だもの。

そうやって、不自由さを感じ、日本のありがたみを感じた20代前半でした。

これが僕のやってきたこと。他にもいっぱいあるけどね。でもこういう経験すら忘れてた。本当に忘れてました。若いときにせっかく時間とお金を使ったのに忘れてた。多分、忘れている人は多い。
ファミコンばかりしていた。という人もいるかもしれない。でもそれでもいいと思う。
大学に通っていた人は15歳から22歳
高校出て働いた人は15歳から24歳くらい。
結婚を考えるまでに時間とお金を使ったことを思い出してください。

 

もう一度好きだったことを再開しましょう!!

洋服なのか?音楽なのか?車?バイク? それは人それぞれ。
ぜひ15歳から25歳までで熱中したことを思い出してください。
できれば、もう一度やりましょう!!その場しょに行きましょう!その音楽を聞きましょう!!
当時好きだった洋服を古着屋で探しましょう!!

懐かしい気持ちになりますよ!!

できれば無理矢理再開しよう!! 僕も30歳でバスケットを再開しました。最近は全然してないけど40歳でまたやるよ!!
SNSで人を集めて近所の羽曳野コロセアムで「羽曳野カップ」を開催します。

ちなみに僕の夢は海外で現地ガイドをすること。
いつか海外旅行ツアーしたいなー って思ってます。

98期のみんな お風呂に入りながら色々考えて見てねー。

 

 


The following two tabs change content below.
壁下 陽一
大阪府羽曳野市にある工場付き店舗と阿倍野区にある直営店の2店舗経営する(有)クリーニングビー代表取締役です。  店舗運営に加えて宅配クリーニングにも力を入れる。洋服のクリーニングだけではなく、洋服のメンテナンス方法を分かり易くブログで紹介しています。 たまにブログやFacebookの使い方講座などの講演活動も行っています。