野球選手用強力タワシと野球選手専用洗剤(サンプル)を発送 洗剤の使い方

こんにちは 壁下です。 先日フェイスブックとツイッターで呼びかけた「野球選手用強力タワシ」を昨日一部の方に発送させていただきました。また野球選手用専用洗剤(サンプル)も同封させていただきました。

この2つの使い方を説明しますね。

野球用ユニフォームの洗い方

① バケツで砂を落とす洗い

1、バケツに蛇口から出る一番熱いお湯を張る。
2、洗剤を1/2袋を入れて、30分漬け込む。
この時に液体酸素系漂白剤(市販)を30ccほど入れるとGOOD
バケツの中で砂を落としたいのでどんどんかき混ぜてください。
3、30分経過したら数回すすぐ。

② 残っている汚れをタワシで掻き出す

砂の汚れが残っていると思います。記事に洗剤を含んでいる状態でタワシで掻き出します。
砂は洗剤では溶けません。タワシなどの物理的な力で生地の隙間から掻き出してあげてください。
野球選手用強力タワシを使って10回、20回、30回と力一杯擦ってください。
コツは生地に水分を含ませること。洗剤はウタマロがいいです。
タワシでウタマロを擦りつけるのがコツです。
水は使う量が多い方がよく落ちるので洗面所などでしてくださいね。その際にお湯の方が取れやすい。

よくある質問
Q、タワシで力一杯擦っても破れないですか??
A、スライディングする力に耐えられる生地なのでタワシくらいでは破れません。

Q、なぜ水分が必要なんですか?
A、水分がある方が砂が取れやすいからです。砂の汚れが落ちているように見えますが、
実は生地の網目に砂が挟まっていて、それを石鹸と水を使って滑り出しているだけです。
指輪を外す時に洗剤を使うのと同じイメージです。

この作業で大体綺麗になります。

タワシで効果的に砂の汚れを取るコツ
・いろいろな角度からタワシでゴシゴシする。 上から下、下から上、右から左、左から右 各方向10回ずつゴシゴシしてください。
スクリーンショット 2019-10-05 18.22.11

③ 洗濯機でユニフォームで洗う 

①バケツで洗って、②タワシでこする。あとは洗濯機で普通に洗ってください。
洗剤は野球選手用洗剤を使ってもいいですし、通常の洗濯でもいいです。
残っている茶色い汚れを最後に取りましょう。

④ 汚れが残っていたら

汚れが残っていたらそこだけ水を含ませてタワシで擦りましょう。ほぼ落ちている状態だと思うのでお水だけで十分落ちると思います。お水だけならすすぎも不要なのでそのまま干すことが可能です。※洗剤を使った場合は十分にすすいでください。

一応これがお家で洗濯する場合の安全バージョンです。
安全バージョンとは洗濯機が壊れない洗い方です。野球のユニフォームを洗うと洗濯機が壊れるという都市伝説みたいなものがあります。砂の汚れが原因なのかな?と思いますが、砂程度で洗濯機は壊れません。一番の原因は洗う回数による老朽化です。

僕がオススメする洗い方も紹介しますが、自己責任でお願いします。
あなたの石鹸で洗濯機が壊れた!と言われても困るので(笑)

僕が家で野球のユニフォームを洗うなら 自己責任編

① まずバケツにお湯を入れて余分な砂を落とす。何度かしてね。

② 洗濯機で洗う まず、洗っちゃいます。洗剤は野球選手専用洗剤です。

③ 洗い上がるが、まだ汚れが残っている可能性があります。そこでタワシでゴシゴシ開始

④ お尻、膝付近をゴシゴシして綺麗になったらほぼオッケー

⑤ もう一度洗濯機で洗う。

以上

漬け置き洗いの手間を省きたいし、洗濯機 → タワシでゴシゴシ → 洗濯機 だとかなり楽です。

洗濯機の故障が心配なら大きな汚れだけ先に落としてね!!

甲子園クリーニングの洗濯方法

甲子園クリーニングの洗濯方法は実にシンプルです。

洗濯機 → タワシでゴシゴシ → 洗濯機でもう一度洗う

汚れが落ちるまでエンドレスです。 でもこれが一番早く綺麗に洗える方法です。

1日に100人以上の洗濯をするのでスピード重視ですからね。

野球選手用タワシはかなり強力なナイロンタワシです。普通のお洋服には使わないでね。
ワイシャツ、作業服、足袋 には使えます。
それ以外のご利用はお控えくださいね。

それでは皆様の洗濯が少しでも楽になりますように。

 

最後にこの映像を参考にしてね。
この洗い方が一番楽だよ。

 


The following two tabs change content below.
壁下 陽一
大阪府羽曳野市にある工場付き店舗と阿倍野区にある直営店の2店舗経営する(有)クリーニングビー代表取締役です。  店舗運営に加えて宅配クリーニングにも力を入れる。洋服のクリーニングだけではなく、洋服のメンテナンス方法を分かり易くブログで紹介しています。 たまにブログやFacebookの使い方講座などの講演活動も行っています。