秋の国体開催中 履正社は敗退 そして僕の2019のベストバウトはあの試合

おはようございます。昨日から10月ですよね。過ごしやすい天気の大阪です。 
 
現在茨城県では国体が行われています。夏の高校野球ベスト8に入ったチームとそれに準ずる数チーム、さらに茨城県代表の霞ヶ浦高校(1回戦で履正社高に敗退)がトーナメント戦を戦っています。 
 
1回戦
星稜      1−3 智弁和歌山
仙台育英    4−0 宇部鴻城
中京学院大中京 8−7 八戸学院光星
履正社     9−2 作新学院
 
2回戦
明石商     0−5 関東第一
海星      4−2 霞ヶ浦
智弁和歌山   2−6 仙台育英
中京学院大中京 3−8 履正社
 
3回戦 (準決勝)
関東第一    10−2 仙台育英
履正社     2−6 海星
 
決勝(本日)

関東第一  海星

関東第一が優勝したよ!!

 

 
野球部にとって国体はボーナス的な大会。現在3年生は半分引退して2年生主体のチームに生まれ変わってる。メンバー入りした2年生は自分たちの代の県予選の最中に国体に挑んでいます。2年生エースだったチームはなかなかなげえさせられないよね。そんな中履正社は準決勝敗退 試合はアプリで見ていたけど笑顔の3年生に対し涙を流す2年生選手
3年生と試合出るのは最後だから涙が出たと思う。
 
第101回全国高校野球選手権大会を戦った選手たちは今日で本当に引退 プロ野球に進む選手は希望届けを出してドラフトを待ちます。 
2年生は春の選抜をかけた県大会を勝ち抜き地方予選を戦い、秋の神宮に挑む。 

2019年一番胸を打たれた試合

僕の今年一番の試合はこれ

https://vk.sportsbull.jp/koshien/video/abc/digest/20190810_2d.html

四分くらいから見てね。

なかなか1本が出ない山梨学院 延長戦まで投げ抜いたエース相澤くん
ランナー無しから、最後に1本打たれました。

バックスクリーンを見る相澤くん。 最初はやられたー と言うような軽い意味。
でも最後はやっぱり痛いよ。涙が溢れて止まりませんでした。
それでもキャプテンらしく、試合終了の挨拶の時に泣き崩れる山梨学院の選手に対して、大きな声で『最後まで!!最後まで!!』とキャプテンらしい言葉をかけていました。

春からクリーニングさせてもらって、すごいキャプテンだなーって思ってました。人に対する思いやりは本当にすごい。夏の甲子園 抽選会の時はズボンのアイロンをかけさせてもらいました。
本当にいい思い出しかない山梨学院さん

 

本当にいい試合を応援させていただきました。
監督の話もすごく良かった。
(すいません うまくリンク貼れません・・・)
相澤くんはじめ大学に進学する選手はみんな頑張ってほしい。
応援します!! 山梨のデスパイネこと野村健太君も力をつけてプロにいってほしいな。さて、僕も頑張って仕事しよ。


The following two tabs change content below.
壁下 陽一
大阪府羽曳野市にある工場付き店舗と阿倍野区にある直営店の2店舗経営する(有)クリーニングビー代表取締役です。  店舗運営に加えて宅配クリーニングにも力を入れる。洋服のクリーニングだけではなく、洋服のメンテナンス方法を分かり易くブログで紹介しています。 たまにブログやFacebookの使い方講座などの講演活動も行っています。