車に乗っていたら怒鳴られたよ!! 自転車のおじいちゃんに(笑)

年を取ると怒らなくなる。 そんなことを昔父親が言っていた。
うちの父は結構な怒りん坊だったんですよね。家でも機嫌が悪い空気をバンバン出してた。
子供ながらに怖かった。でも僕はおかげで空気を読んで怒らせないようにしてました。
イライラしているのにそこで反抗的な態度をとるとマジで怒られるので(姉はよくぶつかっていたなぁ)

そんな僕がその頃の父と同じような年齢になっている。
父に比べると圧倒的に怒らないな。80年代は怒っていてもいい風潮はあった。
でも2020年はもうないですよね。怒ったらダメです。時代もあると思う。
でも、この時代でも怒る人はよくいる。

この前も車に乗っていると、怒鳴られました。

『邪魔や!! 通られへんやろ!!』

自転車乗ったおじいちゃんに・・・(笑)

コンビニから出る途中に自転車の邪魔になったみたい。少し迂回してくれたら全然安全に通れるんですけどね。でも悪いのは僕だけどそんなに怒らんでもいいやん。

おじいちゃんの一言で僕もカチンときました。

すぐに窓を開けて、目を合わせて。

『なんで、それくらいで怒って怒鳴るの?? そんなことで怒ってたらしんどいやん』って
(本当に性格悪いよね 僕)

怒るっていうのはキャパオーバー

器が小さい。とは すぐに器が溢れるということ。 怒りの器が小さいとすぐに溢れ出す。
じゃあどうすればいいのかな?? って考えていました。
簡単なのは経験をすること。経験をすると怒らなくなる。

僕って35歳で第一子を授かっています。 僕の友人は22歳で子供を授かっている。多分しんどかったんだろうなーって思う。冷静に『子育てとかわからんかったもん』って言います。
僕は35歳まで子育てをしている周りの人たちを見ていろいろ学ぶ。初めての子育てでも聞いているだけでも情報があるのであまり子供に対して怒ることはない。(逆に今は怒り方がわからないし、怒っても子供は何も汲み取ってくれません)

僕が22歳頃に子供を授かっていたら怒りまくっていただろうなーって思います。
明らかに器が小さい。てか子供ですもんね。

経験がない場合は情報を得る。 そういう意識じゃないといつまでも怒る人でいると思う。
情報を得ていたら今の時代に恫喝とかできない。煽り運転もね。
ドライブレコーダーがこんなにあるのに、暴力を振るうとかマジで意味不明。(悪いことは見えないところでやるものです)

 

イライラしないために僕がしていること

クリーニング屋さんというクレームが多い仕事をしています。(実際にはあまりないよ)
理不尽なクレームが0ではないので、僕はクレームを言わないようにしている。
たまにお店のためにいう。っていう人いるけど。僕は言わない。理由は逆の立場なら絶対に僕はその人の話を聞かないので(笑)

僕が言ったクレームはいつか自分のお店に返ってくる って思っています(笑)

あとはイライラする現場にいる自分が悪いと思うようにしている。
以前、すき家で昼ご飯を食べていたら店員にめっちゃ怒っているお兄さんがいました。おいおい、すき家で何を凄ぶる必要がある?? 昔、ファミレスのデニーズで激昂するおじさんがいました。アルバイトの女の子に何を激昂する??

もしかしたら、至らない点があるかもしてない。でも、そういうサービスを簡略化しているので安価で昼ご飯が食べれるんです。ホテルで12000円ほどのランチを食べていたらそんなことはないはず。
結局、すき家やデニーズでご飯を食べる自分が悪いと思う。

イライラしている人の半数以上はこういうことじゃない??
あの店が悪い、せっかく買ったのに使えないとか。SNSでそういう小言見るけど、ほとんどが安いものや安いサービスを自分で選んで買っている。
結局自分だと思う。

怒らない人になるためにどうしたらいいのかな?? って毎日考えています。

どうしたら怒らないようになるのかな?? 僕の場合は仕方ないやん。って思うこと。
お店に対してはクレームを言うことはないです。 先日の勝手に書籍に載った話も怒らない。むしろオイシイと思ってる(笑)

一番の課題は 家で怒られないようにすること・・・

どうしたら、人は怒らなくなるのだろう・・・

そんなことを考えています。

 

 


The following two tabs change content below.
壁下 陽一
大阪府羽曳野市にある工場付き店舗と阿倍野区にある直営店の2店舗経営する(有)クリーニングビー代表取締役です。  店舗運営に加えて宅配クリーニングにも力を入れる。洋服のクリーニングだけではなく、洋服のメンテナンス方法を分かり易くブログで紹介しています。 たまにブログやFacebookの使い方講座などの講演活動も行っています。