ちちんぷいぷい見てくれた方へ 甲子園クリーニングわかりやすく伝えてます

昨日取材していただき、本日ちちんぷいぷいで甲子園クリーニングの放送をしていただきました。
甲子園クリーニングを始めて7年 最初は長野県代表校を引率する日本旅行さんから電話をいただきました。「球児のユニフォームをクリーニングしていただけないか??」と。面白そうだし、宿泊先のホテルが近かったので快諾。すぐに100均一のネットを買いにダイソーに走りました。

「こんなお仕事もあるんだー」と思って続けてきました。

よく聞かれることですが、僕自身野球経験はありません。
子供会のソフトボールをしてた程度。でも野球は好きでしたよ。近鉄バファローズの本拠地藤井寺球場までは自転車で10分だったのでよく父と野球を見に行きました。

それからずっと、春の選抜と夏の甲子園 出場する高校にお手紙を送りました。
年々クリーニングする高校が増えてきています。
今年も8校中新規の高校さんが5校です。すごいですよね。

でもリピーターが少ない・・・
理由はなかなか帰ってこれないんです。毎年甲子園に来るのは本当に大変ですからね。
テレビで紹介してもらいましたが、ここでもう一度ユニフォームの洗い方を書きますね。

 

野球のユニフォームの洗い方

①まず大きな砂汚れを落とす

洗面所とかで洗ってもいいけど、シンク汚れるので僕はまず洗濯機で洗います。
これならボタン1個でいけます。洗剤も普通に入れてください。 ソフターは不要です。

② 洗濯(1回目)が終わったらタワシでこする

茶色の汚れの原因は砂です。いい洗剤を使って砂が落ちると思ってる人がいるかもしれませんが。
砂を大きくすると「石」です。石は水には溶けません。(1日2日では絶対に溶けない)
どうやって落とすのか?? ⇨ 物理的に力を加えて掻き出す。

タワシと石鹸(ウタマロ)を用いてガシガシこする。

野球のユニフォームは皆様が考える以上に頑丈です。体重80kgの人が50m6秒台のスピードでスライディングしても破けないくらい頑丈です。 皆様がタワシでゴシゴシしても破れたりすることはありません。力いっぱいガシガシしましょう!!

その際に洗剤は必要です。洗剤をつけると糸目に入っている砂が搔き出しやすくなる。
例え話ですが、取れにくい指輪を取るのに洗剤を使いますよね?あの原理です。

洗剤の滑り効果で砂をどんどん外に出す。

あと大事なのはお水。 タワシでこする際は洗面器などを使ってお湯(35度くらい)でどんどんお湯を使ってゴシゴシしてください。水があると簡単に砂が抜けていきます。

③最後に洗濯機で洗う

タワシでこするのが終わったら、最後にもう一度洗濯機で洗いましょう。
ボタンを押すだけ。
かなり綺麗になっています。

少量の洗剤を入れてね。

 

 

高校球児たちはできるだけ自分で洗濯しています

僕が会う高校球児は甲子園に出場する選手達。彼らは寮生活の子もいるし、実家から通ってる人たちもいます。彼らは毎日汚れたユニフォーム出すので大阪に来ても最初は自分であらかじめ土の汚れを落としてくれます。(部屋での水洗いは説明で不要ですと伝えます)
多分、実家でも洗濯機に入れる前には自分であらかじめ汚れを落としているだなーと思います。

甲子園に出場する選手達はみんなやっている。ぜひ、小学生中学生の野球をする人は自分で洗濯できるようになってほしいな。と思います。
少しでもお母さんお父さんが楽になれたらいいなと思います。

甲子園クリーニングの必要性

甲子園クリーニングは洗濯を選手の代わりに代行する会社です。
昔は選手が洗っていた。◯◯が洗ってたののだから今年も洗う。 と言う意見はごもっともです。
古豪なら特にですよね。

でも、僕たちの頃と違うのが大阪の気温です。連日37度を超える暑さです。
昔はそこまでは暑くなかった。試合中に熱中症で倒れる選手なんていなかった。

僕は毎日の洗濯する時間を休養に当ててほしいなーって思います。
もちろん対戦相手の研究、ミーティング、自主練も当然ですけど。休養も大事だと思っています。

ちちんぷいぷいを見てくれた方へ

甲子園に出場する可能性が出てきたら連絡を頂けたら資料をお送りしますので
壁下までメールください。
もしくはお電話でも大丈夫です。 090−9615−7771

11月から大阪ドームで行われる全日本社会人野球選手権大会でもサービス可能です。
ご連絡お待ちしています。


The following two tabs change content below.
壁下 陽一
大阪府羽曳野市にある工場付き店舗と阿倍野区にある直営店の2店舗経営する(有)クリーニングビー代表取締役です。  店舗運営に加えて宅配クリーニングにも力を入れる。洋服のクリーニングだけではなく、洋服のメンテナンス方法を分かり易くブログで紹介しています。 たまにブログやFacebookの使い方講座などの講演活動も行っています。