血を抜くために膝に注射を打ちました…でも、血は溜まっていなかったブログ

今朝は尋常じゃない足の痛みで目が覚めました。こんにちわカベシタです。
なんだったんだろう…あの痛み… 痛み止めは飲んで寝たのにね。謎です。痛いなー痛いなーって思いながら、起きても痛いのは変わらないので一生懸命寝ました(笑)それでも痛いのが我慢できず6時起床です。

先日、術後10日後の検診で『腫れがあるので少し血を抜いておきましょう』と膝に注射をしました。
先生『楽にしてくださいねー』
先生『力抜いてー』っていうのはいいけど、無理ですから(笑) 膝に注射ですよ!!

そのあと、何かおっしゃっていたけど聞き取れず。。。
でも、本当に痛かったー。 もうね。大げさですけど痛いのよ。そのあとはリハビリへ・・・

リハビリ担当のお兄さんと
『さっき血を抜いたんですよー。マジで痛かった』なんて話していると。お兄さんはカルテを見ながら

リ『壁下さん、血を抜いたの見ました?』
壁『見てません。てか、見たくない』
リ『採血0ccってなってるので、血は抜かれてませんね。笑』

ってまじかよ!! ただ足に針金刺しただけかよ!!!
でも、信頼している先生なんでいいんですけどね。

病院の先生を信頼できるか?

僕の父が入院していた時に、主治医の先生が病室に入ってくるととっても安心した顔をしていました。
学会などで先生が留守にすると、不安がっていた。本当に心から信頼していた。
いい先生、そうじゃない先生はあると思います。しかし、いい先生でも疑えばいい先生ではない。
そもそもいい先生かそうじゃないか?なんて素人ではわからない。
僕も先生を100%信頼しています。手術前には何度も『質問などはないですか?』と聞いてくれたけど、僕はどうぞどうぞ。って感じです(笑)まな板の鯉ですからね。 そもそも半月板のことなんかも知らないですし。

分からないことは、信頼するしかない。

僕はそう思っています。疑いながら、その人の話を聞き続ける方が意味がない。
信頼できる先生に会えるというより、信頼できる心を持つのも大切だよなーって思いました。
僕の話ではないけど、隣のベッドの男性は前の病院がどうのこうのと担当主治医に愚痴ってました。
いろいろあるだろうけど、多分この病院のことも愚痴ると思う。

プライベートも同じ。人を信頼できるか?尊敬できるか?が大事

友達になる以上その人を信頼できているかな?? 尊敬できているかな??
ちなみに僕は『人は裏切る』のを前提に物事を考えています。だって、裏切られないような完璧なお付き合いできてないですからね。いつかは離れることが普通です。いつまでも一緒だとはさらさら思っていない。でも、友達である以上僕はその友達を尊敬している。どこでもいい。尊敬しています。
じゃないと友達になれないもん(僕の場合)

信頼できる友達、尊敬できる友達が僕はとっても大事だと思います。
たまにSNSをしていると、友達が離れていった・・・ って言ってる人いてるけど。
それはそれだけの関係じゃないの??って思う。

別にSNSとか関係なくその人たちは早かれ遅かれ離れていったと思う。タイミングがSNSをやり始めた時期なだけです。

そんなことを思った春の日の午後

そういや、あいつどこいった?? ってことたまにありますよね。
あれだけSNS頑張ってたのに・・・
クラファンで支援受けて他のに・・・

どこいった?? まいっか


The following two tabs change content below.
壁下 陽一
大阪府羽曳野市にある工場付き店舗と阿倍野区にある直営店の2店舗経営する(有)クリーニングビー代表取締役です。  店舗運営に加えて宅配クリーニングにも力を入れる。洋服のクリーニングだけではなく、洋服のメンテナンス方法を分かり易くブログで紹介しています。 たまにブログやFacebookの使い方講座などの講演活動も行っています。