洗濯機でガンガン回すと洗っている感覚になる不思議

こんばんは 壁下です。 現在、大阪に戻る途中の新幹線でブログを書いています。今日は東京で洗濯講座をさせていただきました。3時間の予定ですが駆け足で説明させていただきました。
楽しかった!! えーそうなんですか?? とか言われると最高に嬉しい。

・洗剤の選び方
・柔軟剤の選び方
・カシミアマフラーの洗い方
・黄ばんだTシャツの洗い方 を今日は説明しました。

うん。気になる人多いよね。  わかる。 自分で洗えるものは自分で洗いたいもんね。

 

『洗う』という概念を変える

洗濯機で回す = 一番綺麗な洋服の洗い方 というイメージを持ってしまいます。それは固定概念です。もちろん、汚れを落とすには洗濯機を回すのはいいと思います。しかし、今日の洋服はどれだけ汚れていますか?? 今日のニットは明日も切れないですか?今日のスカートは明日切れないですか??
下着は別にして、ジャケットもニットもパンツ(ズボン)もスカートも明日もう一度はけますよね??  どうしても洗うのは下着くらいです。

洋服って、実はあまり汚れていないんですよね。(食べこぼしやシミは別) あまり汚れていない衣類はバケツ(洗面所のシンク)にお湯を張って、洗剤をつけて10分くらいつけているだけで十分綺麗になります。(洗剤は普通のを使わないでね)
実際、前回カシミアマフラーを洗濯講座で洗った時のを持ってきたのですが、同じマフラーを持っている方も遜色のないふわふわ感にびっくりされていました。

少しの知識があれば、洗えないことはないんです。でも知識がなかったらやめてね。
ニットをお風呂に入れる。というイメージを持っていてくださいね。

洗剤の選び方 いい洗剤はよく落ちるのか??

洗剤が好きな人がよく陥りがちなのが、高い洗剤を買おうとすること。 もし仮に、高くてもよく落ちる洗剤があったら…まず、クリーニング屋さんが使います。ですよね?? よく落ちるんですから。
でも、そんな洗剤はなく、汚れの種類が違うので全部対応できる洗剤はない。
さらに、水道水で洗うので夏場でこそ25度くらいまで水道水の温度は上がりますが、真冬は大阪で8度くらいになります。いくらいい洗剤で洗っても水温が低いと洗浄力は低く、逆に安い洗剤でも水温を40度くらいまで上げることができたら洗浄力は飛躍的に高くなります。
なので高い洗剤を使ってもあまり変わらないのが現状です。

これ知ってるだけで、洗濯のコストはすぐに下がりますよね。

そんなことを話した3時間 本日来ていただいた方、特に女性の皆様はすぐに役に立つと思います。
話している僕も面白かったしね。 またやりたいですが、もう繁忙期になるので次回は9月頃にできたらいいなーって思っています。

さて、もうすぐ新幹線は新大阪に到着。今から天王寺まで電車で移動して、阿倍野からは車で帰ります。それでは本日参加された皆様ありがとうございました!!

 

ちなみに本日の参加者 4名

 

 

少なーーーーーーーーーーーーーーー


The following two tabs change content below.
壁下 陽一
大阪府羽曳野市にある工場付き店舗と阿倍野区にある直営店の2店舗経営する(有)クリーニングビー代表取締役です。  店舗運営に加えて宅配クリーニングにも力を入れる。洋服のクリーニングだけではなく、洋服のメンテナンス方法を分かり易くブログで紹介しています。 たまにブログやFacebookの使い方講座などの講演活動も行っています。