エクスマに寄り添っていこう。 そう決心したエクスマ同窓会

こんにちは カベシタです。一昨日から山形県米沢に行ってきました。
大阪から6時間 僕の自宅からなら7時間です。もうね。お尻が痛い(笑) 6時間新幹線はなかなかやで(笑)でも米沢から幾度となく大阪にやってきてくれているお友達がいるのでそんなことは言ってられないけどね。

米沢に行った理由はエクスマ塾の同窓会です。北は北海道から西は兵庫県から50名ほどが米沢の小野川温泉に集まりました。木曜日13時30分から金曜日12時頃まで。マーケティングの勉強を…したのかな? 不良塾生である僕は色々遊んでいてほぼ覚えていません(笑)
スコット申し訳ありません。

僕が受けたメッセージは「寄り添うこと」

これからのマーケティングは再現性がなくなっていく。というのが藤村先生の言葉です。
真似できないということ。 会社の規模が違うから真似できない。のではなく。
あの人と自分は違うから真似できない。ということ。 同じ職業同じ会社の規模でも結果は変わってくる。でもこれは小さい企業にはとってもいいこと。大きな会社にできないことがどんどんできるようになる。

24時間で受けたメッセージはほぼこれかな??
短期的なことでいうと、それだけ?? という。でも僕にとっては十分です。僕は頭が良くないのであれやこれやを覚えられない。たった一つでも持って帰れたらそれでいい。 
あれもこれも気付いた!これから楽しい!これから頑張る!っていう人ほど何もしない。
だから僕の今回のメッセージは「寄り添うこと」

エクスマを極めようとは思わない。
エクスマを理解するつもりもない。
エクスマ的かどうか?も考えない。

いくら考えてもわからないもん。(笑)
(多分、今僕がわかったって思ってたらそれは浅はかな勘違いです。)

ただ藤村先生がどう考えるているのかな? と寄り添って考える。
それでいいんじゃないかな? と思う。

物事には言葉では表されないことが多いし、この場合の寄り添うという意味は僕と皆様は違うかもしれない。固執することなく寄り添う。

最後の藤村先生のメッセージ

たった一度の掛け替えのない人生です。
物を悪く見ないで
怒らないで
落ち込まないで
先の取り越し苦労をしないで
毎日を楽しく、夢を持って生きてほしい。

このメッセージは世の中に対してのメッセージなのか? 僕たちエクスマ塾生に対してのメッセージなのか?? もちろん両方だと思うが、僕は後者と受け取ります。

素直に、朗らかに、優しく。 過剰反応しない。

そして、これからも藤村先生の考え方に寄り添う。

そんなことを考えさせていただいた。エクスマ塾生同窓会でした。


懇親会の一部の写真です。 概ねこんな感じです。

IMG_8953

次回は僕がサポート講師の時に世話をした キソット と ヤスット も来て欲しいな。


The following two tabs change content below.
壁下 陽一
大阪府羽曳野市にある工場付き店舗と阿倍野区にある直営店の2店舗経営する(有)クリーニングビー代表取締役です。  店舗運営に加えて宅配クリーニングにも力を入れる。洋服のクリーニングだけではなく、洋服のメンテナンス方法を分かり易くブログで紹介しています。 たまにブログやFacebookの使い方講座などの講演活動も行っています。