SNSやり方なんて何度教わっても意味なくね? 楽しめるかどうかだと思う

こんにちわ あべのHOOPのスターバックスでお茶しながらブログを書いています。目の前でダサいお兄ちゃん(僕より年下で僕より老けてる)が個人ブランディングと会社のポジショニングを語っています。意識高い系です。確実に意識高い系。もっと聞きたいけど。咳が離れている…チキショー
飲み物のスターバックスラテにはシロップを2杯入れている… いたるところの違和感が僕の好奇心をくすぐります。マジで好物・・・

こんにちは 壁下です。 大阪の台風の爪痕はなかなかすごく、信号はあらぬ方向に向いてるし、公園の大きな木でも倒れている。こんな台風は初めてです。僕の会社の瓦が数枚飛ばされていました。
上に上がってないからわからないけど。雨どいも割れてる箇所があり大工さんにお願いしました。

最近の僕のSNSに対する考え方を書きますね。

 

本来SNSは若者が楽しむべき場所だということ

高校野球の仕事をしているので、高校生とSNSでTwitterやInstagramで繋がることがあります。
何気なくストーリーを見ていると、「男女のプールのカップルの変顔写真」が流れてきて、飛び上がりました。

「誰やこんなん投稿しているの!!」

ちなみに僕は38歳です。そんな写真は投稿するような友達はいません。唯一いるのが堺市の鉄工所の社長の平野さんくらいです。僕の中ではルール違反の投稿です。
でも、投稿者は高校生です。夏休み彼女とプールでデート。そりゃ楽しいよね。

その時ハッとしました。 勝手にルールを敷いてるのは僕であり、本来SNSは若者が表現する場所。
そんな中に30代後半の僕が間借りしているようなもの。だということ
彼らは悩まない。面白いこと、嬉しいこと、楽しいことがあれば躊躇なく投稿する。
自由を謳歌できるのがSNS 仮に自由の度合いが減れば彼らはもうその SNSはしない。

しかし、僕たちおっさんおばさんは自由であるはずのSNSに少なからずルールを敷くことも大事です。
でも本来楽しむべき場所であることは忘れてはいけない。 

 

SNS、何から始めていいかわからない

SNS何から始めていいかわからない。
○○を意識的にやってるけど上手くいかない。

これみんな悩んでるみたい。facebook、Twitter、Instagram、ブログ、Pinterest、etc…
全部大事だと思う。 これ普通の答えね。 僕は違う。

やり方を学んだとしても、タイトルを意識して変えたりしても、ハッシュタグをつけたとしても
多分反応は良くならない。もちろん少しは良くなると思うけどね。

僕は最近 こんな考え方をしています。

何も考えずにソファで寝ながらスマホを触っている。その時、どのようなSNSに時間を割いているか?
を考えて欲しい。って 

ブログを読んでるっていう人はブログを書く方が多分楽だと思う。
ツイッター見てる!って人はTwitterを意識しよう!
Instagramを見てる人はInstagramが多分発信が苦にならない。

シンプルに好きな媒体で遊んでみる。 それが一番ベスト
好きだから真似をする。好きだから良く人のを見る。

発信が下手な人のほとんどは人の投稿を見ていない。 ほとんど見ていない。
仮に僕より人の投稿見ている人がいて、それでも発信が下手な人がいたら教えて欲しい。
人の投稿を見て、その人の考えを考察し、真似する。

本当にそれができればベスト 発信が上手な人は投稿を見ている。
あと自分な好きなSNSを使うことは僕は一番上達の近道だと思っています。

結構無理してる人いるからね。SNSって
いいこと書こうとしたり、無理に返信したり、無理してコメントしようとする人も多数
人は無理している人を見ると違和感を感じます。そしてその違和感が積み重なると気持ち悪くなる。
誰も初対面から気持ち悪くなんて感じない。積み重なり、何か合わなくなる。そんなもんです。

だから無理しないためにも、好きなSNSを見極めてね。

アラフィフ(50歳)の方はいろいろなSNSにチャレンジしない
アラ環(60歳)は1つに絞ってもいいと思う

50代60代でツイートしてインスタを見てるだけで奇跡やで!!って思う。すごい事!!
でもね。そんなに器用じゃないのはご自分が一番よくわかっている。
焦らずゆっくり1つづつです。

45歳を超えると周りが見えなくなる。

これは僕の父親が言っていた言葉。若いときはいろいろ気づけたし、同時進行できた。
でも、女性は45歳 男性は50歳を超えたら一気にパフォーマンスは低下する。

年齢的な数字は父の勘であり、この言葉は15年ほど前のものです。
今の時代とは当てはまらない。でもパフォーマンスは落ちて当然です。
若者のようにTikTokをおじさんやおばさんが同じようにできない。でも違う見せ方はできると思うけどね。

やり方は教わっても意味がない。楽しさを見つけよう

一番大事なのは楽しめる自分であることです。 楽しむ前に目立とうとする。そして何か売ろうとする。だからしんどいんです。どんだけ自分をきらびやかに見せても多分売れない。いや、売れにくい時代になります。だって表現豊かな等身大いの人たちが売り始めたからね。明らかにパイは削られる。

楽しんでる人、笑ってる人のところに人は集まり始めると僕は思っています。

まず、自分が楽しむ。そして興味を持つ。
なんであの人は楽しそうなんだろう。なんであの人はモノが売れるんだろう。

そうするといろいろなものが見えてきます。(個人差あるよ)

まず、自分が楽しんでいない。だから人の投稿も見ていない。
それでは何も生まれない。 まずは人を見る。そこからです。
人の投稿を見ない。真似しない。投稿しないのに勉強するからわけわからなくなる。

どんどん新しいSNSは増える。 別に追わなくていいですよ。
ペースがあるから。

でも、今年2月にツイッターをあまりやってないなーって思ってる人がいた。
自分はツイッターじゃない!と言い張った。その人はもう見なくなりました(笑)

そういう怖さもあるからね。facebookだけじゃ怖い。
自分が好きなことを重点的にやる。 苦手なことは少しだけやる。
そういうSNSやり方が大事。

別に不恰好でもいい。発信して、イイネを押す。
親しい人にはコメントする。でもコメントの乱用はやめてね。気持ち悪いから

それが一番大事。

家の中でどれだけ準備しても、外に出ないと自分は表現できないし、見てもらえないでしょ??
それと同じ がんばろー SNS

昨夜久しぶりに会ったおっさんおばさんを見て感じたことはそんなところ。


The following two tabs change content below.
壁下 陽一
大阪府羽曳野市にある工場付き店舗と阿倍野区にある直営店の2店舗経営する(有)クリーニングビー代表取締役です。  店舗運営に加えて宅配クリーニングにも力を入れる。洋服のクリーニングだけではなく、洋服のメンテナンス方法を分かり易くブログで紹介しています。 たまにブログやFacebookの使い方講座などの講演活動も行っています。