寒さの峠もこれが最後です。

毎年いつになったら冬服を出すのがベスト?? この質問を受けます。
確実なことを言わせてもらえると。GWを開けてからです。 3月は全体的に暖かかったですが、先週から今週は肌寒い大阪です。春は急には来ません。ゆっくりゆっくりやってくる。と実感する今年の春の気温。 毎年入学式や新学期の体育館はストーブをつけて欲しいほど寒かったという経験はありますよね。僕も当然あります。今年も4月8日前後は寒かった。あれだけ3月後半は暖かかったのにね。

僕の予想ですがこの寒さを通り抜けたら確実に春です!!春の陽気です。
ジャケットだけでお出かけできますよ! ちなみに北海道は6月7月が春。8月9月が秋で10月から5月は冬です(笑)

3月の春の気温は高いし、桜の開花も早かった。桜が散った今の方が寒い。
クリーニングの出方も気温と推移していて3月は全体的に衣替えクリーニングが多かったのですが、今は落ち着いているとのことです。

あっそうそう! 全国宅配クリーニング受け付けていますよー
袋送るので言ってねー!!

今年の春のクリーニングの特徴ですが、一旦ダウンジャケットのブームは去った感じがありますね。コートは多いです。寒かったのにね。 そして、今年一番びっくりしているのが、水洗いできるコートが増えたことです。ガールズブランドが前から展開していたのですが、見た目手触りで『このコートはポリエステルだな』と確信が持てました。でも今年は違う。一度迷うことがある。『あれ??ウール?ポリステル?』って。そして洗濯表示を確認しポリエステル製品だと確認することが多い。

僕たちクリーニング屋は1日に何百着と触ります、手触りや見た目で洗い方を決めます。 それでもわからない場合は組成表示(毛100%とか毛70%とか)を見て適切な洗い方でクリーニングします。でも今年のポリステル系(コートのお値段は休め)のコートは結構品質がいい。もう素人で見る感じウールのコートと遜色ないと思う。安いはずなので2着買うとかもいいかもね。

この流れは今後、ミセスにも流れてくると思います。コートはカシミアやウールが当たり前の発想の根幹が揺るぐかもしれないと僕は思う。これはひとえに技術が上がったと僕は思う。
ポリエステルの方が発色はいいのかな?(僕は専門外だからわからないけど)クリーニング的にはポリエステルが50%以上含んでいる。もしくはウールなどの動物からできた糸を50%以下に抑えているコートは水洗いできます。※裏地はポリエステルが望ましい。

水洗いできるとメンテナンス費用が格段に下がります。汚れ落ちがいいからね。ウールだと落ちにくい首回りの変色も比較的簡単に落ちる。 あとは軽さがあればいいなー。
ファストフッションが増えると悪いことも多いかもしれない。でも逆に技術は新しくなっていくこともある。

この結果が出るのは来年以降ですけどね。でも選択肢としてポリエステルのコートはあり!!
逆に長持ちします!!

 

でも、今年のポリエステルのコートの手触りの良さはびっくりしたーーー。
え?これも?? これもなの?? と何度思った事か・・・

特に白のコートなどはポリエステルの方が絶対いいですからね〜。
家でも洗えるし(笑)

ということで。仕事します!! 今日も衣替えクリーニングしますよーーーー!!!!


The following two tabs change content below.
壁下 陽一
大阪府羽曳野市にある工場付き店舗と阿倍野区にある直営店の2店舗経営する(有)クリーニングビー代表取締役です。  店舗運営に加えて宅配クリーニングにも力を入れる。洋服のクリーニングだけではなく、洋服のメンテナンス方法を分かり易くブログで紹介しています。 たまにブログやFacebookの使い方講座などの講演活動も行っています。