エクスマセミナー大阪 2年前の僕のひどいアドバイスに震えました。

昨日は大阪ミナミの桜川までエクスマセミナーに行ってきました!!
師匠の藤村先生はじめ、エクスマ塾75期でサポートさせていただいた、丹羽綾さんが初登壇。さらには公私ともに仲良く、、、というかただの遊び仲間の親友のクルゼ兄さん(野田大介さん)

お仕事で参加表明はギリギリ。さらに到着もギリギリでした。
そんな中セミナーは山下達朗の曲で始まります。曲はボンバー ・・・どっちか言うと山下達郎を街で見かけても誰かわからないっす。なんなら井上陽水と似てます。

昨日、僕が一番響いたのは丹羽さんのこのスライド

まぁひどいこと言ってるね。大阪のクリーニング屋さん(笑)

丹羽さんからしたらエクスマ塾でこんなこと言われたーー(笑)
って思ったとのこと。 いや、少しムカついてたと思う。

だって、きれいな写真だからね。 いかにもコンサルタントって感じだし・・・

このスライドだけだと僕が悪者になるので、なぜ言ったのか??
を言い訳しますね。

別に誰でも切り捨てるわけじゃないよ

まぁ僕の場合キャラが「斬り捨て御免」的な感じでひどいこと言ってそうだけど、
僕の中では緻密な計算で発言しています。

この人はどんな生活スタイルをしているのか?? 
家族、子供、既婚、未婚、兄弟、実家は近い? 
どういうキャリアがあるのか? (経験値は高いのか?)
海外旅行はしているのか?
友達はいるのか?
その友達はイケてるのか?
投稿に対するイイネの数
SNSの友達の数、友達の質

ここあたりはマストで見ています。いや、見てるから言えるんですよ。

この人売り込み過ごそう(笑) とかはSNSから滲み出る情報なんです。
そのかすかな情報で僕は発言する。

ここを感じるかどうかは個人差がある。
滲み出た雰囲気をいかに成功率を上げるか??

 

でもね、一番大事なのは自分がどう思おうと相手がそう思ったらそれが正解だということ
その人にとったらそれが唯一の正解になる。誤解されている!!と思ったとしても、誤解を生んでいるのは僕達自身一人一人の発信であり、雰囲気です。

と僕は思っています。

みんな私を誤解している。

というのは、誤解を生む行動をしているということです。

だからといって、鏡のような優等生になる必要はありません。 優等生でもないのにね。
もちろん、毒を吐き続けろ!というわけでもない。 無理に毒吐いてる人は虚しいよ。

普段通りでいい。いつも何気なく笑っている状態で発信する。

そういうことは大事なんだなーと思ったわけです。

 

 

 

というわけで!! 僕は優しいから安心して!!

ちなみに、今年秋にエクスマ塾大阪がありますが、僕は参加しません!!
僕が苦手な人は是非秋のエクスマ塾にいってねー????

 


The following two tabs change content below.
壁下 陽一
大阪府羽曳野市にある工場付き店舗と阿倍野区にある直営店の2店舗経営する(有)クリーニングビー代表取締役です。  店舗運営に加えて宅配クリーニングにも力を入れる。洋服のクリーニングだけではなく、洋服のメンテナンス方法を分かり易くブログで紹介しています。 たまにブログやFacebookの使い方講座などの講演活動も行っています。