SNSの立ち位置をPRIDE選手で例えてみた。あなたはランデルマンタイプ?それともヒカルド・アローナタイプ? 

初めてPRIDEを見に行ったのは、PRIDEミドル級GP そう、あの戦慄の膝小僧 ヴァンダレイ・シウバがヒカルドアローナに敗れ、同時に行われたヘビー級では満を持して帝王エメーリヤエンコ・ヒョードルにミルコクロコップが負けた試合でした。

その煽りVがこれ・・・

今見てもやばいですね。 そして、今でも高田本部長の「鳥肌立った!!」という言葉に「おまえ何回鳥肌たつねん!!」とテレビ越しに突っ込んだ人は数知れず・・・

ちなみに僕が見に行ったPRIDE級グランプリ決勝戦では
準決勝
ヴァンダレイ・シウバ VS ヒカルド・アローナ
マウリシオ・ショーグン VS アリスター・オーフレイム

決勝は
ヒカルド・アローナ VS マウリシオ・ショーグン(ニンジャの弟ね)

でした。でもリザーブマッチには北の最終兵器 イゴール・ボブチャンチンまで出てましたからね。
ロシアンフックですよ!! マジで今でも最高です。

あっすいません・・・ 一人で熱くなってます。
とりあえず、ここで最高潮に持っていくために、イゴール・ボブチャンチンの入場シーンを見てみましょう。

(音だけです。あとは自分の記憶で熱くなってください)

 

やばいです!!僕はこれだけで死にそうです。
ウクライナ出身のイゴールボブチャンチン!! あの重そうなフック!!!
はぁマジで最高!! PRIDEナイトしたい!!!

そんな記憶に残る名選手を輩出したPRIDE いや、選手たちを愛される紹介をし続けた佐藤プロデューサーとナレーターの立木さん が凄いのだと思います。
だって未だに記憶に残ってるもん。

イゴール・ボブチャンチン = 北の最終兵器
ヴァンダレイ・シウバ = 戦慄の膝小僧
エメーリヤエンコ・ヒョードル = 60億分の1の男
アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ = 千の技を持つ男
マリオ・スペーヒー = ブラジル柔術界のドン

ね、覚えてるでしょ?? でもマリオ・スペーヒーはなかなか渋いね。

そんな僕が今日言いたいこと。

 

あなたはランデルマンタイプ? それともヒカルド・アローナタイプ??

びっくりするくらい前置きが長くてもう死にそうなんですが、本題いきますね。
あなたはランデルマンタイプですか?? それともアローナ??
これだけは即答してほしい。

 

 

あなたはケビン・ランデルマン???

スクリーンショット 2018-03-03 14.34.03

 

それとも ヒカルド・アローナ??
スクリーンショット 2018-03-03 14.34.51

 

・・・

 

・・・

 

 

即答できないならブログ塾に来てね♬

僕はアローナでありたいと思います。
※ちなみにアローナはヒールのイメージ強いですが寝技だけのアブダビコンバットで優勝している実力者です。立ち技も強いけど基本的に寝技がヤバイ

一方、ケビンランデルマンはこの動画を見てほしい


一発で倒してからのマウントポジションというイメージのランデルマン

スクリーンショット 2018-03-03 14.24.35

 

僕が言いたいことは 上から目線になっていないかなーーー。

と言うこと。

馬乗りまではいかないけど、ついつい上から目線になるのがSNSの怖いところ。
いや、そういうキャラならいいですけどね。 普段そんなイケイケキャラじゃないのに、いきなり馬乗りのマウントポジション取られたらこっちも準備があるんですよ!!

ちなみに僕は基本的には下から下から伺うタイプ

そう寝技でいうとブラジリアントップチームタイプです。

あえてマウントポジションを取らせても下から下から色々仕掛ける。

するとどうだろう。。。 気づいたら 三角絞めとかしてみたい!!
スクリーンショット 2018-03-03 14.31.09

僕は下から下から・・・

意識しています。でもね。人間だもの・・・

上に乗りたいんですよ・・・ 上から物を言いたい・・・

でも、そこからぐっとこらえて、ブラジリアントップチームのマリオ・スペーヒーやヒカルド・アローナのように下から下から・・・



The following two tabs change content below.
壁下 陽一
大阪府羽曳野市にある工場付き店舗と阿倍野区にある直営店の2店舗経営する(有)クリーニングビー代表取締役です。  店舗運営に加えて宅配クリーニングにも力を入れる。洋服のクリーニングだけではなく、洋服のメンテナンス方法を分かり易くブログで紹介しています。 たまにブログやFacebookの使い方講座などの講演活動も行っています。