SNS上でのキャラの変更は気をつけてね♬ 

こんにちは カベシタです。 今日はSNS上でのキャラの作り方、もしくは変更の仕方について。
マックスブログ塾を始めてもう直ぐ3年です。大幅にキャラの変更があった人もいますけど、そうじゃない人が殆どです。

例えば 油田さん
img_2972.jpg

 

 

野球場でもスーツだった男(多分このころは37歳くらい)
今では マイナス8度の中タンクトップで過ごしています。
(筋肉があれば基礎体温があがるので寒くないらしい)
スクリーンショット 2018-02-24 14.36.29同じ人だとは思えないね。

まぁこの筋肉の人は別格ですけどね。
でも、キャラを変えるにはよく考えたほうがいいよ。 できれば、先導役数人がいたほうがいいと思います。一人でキャラ変更したらマジで気持ち悪いからね。よくいるんだー。SNSで勘違いするおじさんたち。。。(笑)

 

キャラの変更は慎重に

僕ね、いつもテレビ見て違和感感じるのが「ひるおび」
お笑いコンビ ホンジャマカの恵さんが総合司会をされています。

スクリーンショット 2018-02-24 17.36.11いつもジャケットのサイズが若干大きいのが気になるのですが、それ以上に気になるのは発言なんです。司会者としてお仕事を全うされているのは重々承知しています。 しかし、お笑い芸人(ベース)が普通に政府を批判して何が面白い?? と僕はいつも思う。
もう少し、ニュアンスを変えるとか、恵さんらしく笑えるように持って行くとかすればいいのに多分台本通りに番組が進みます。 でもね。僕たちの記憶にあるのはこんなホンジャマカさん
スクリーンショット 2018-02-24 17.46.32

 

仕事場をお笑いからだけより、ワイドショーも手掛けるのはのは素晴らしい事。
でも自分らしさを忘れたら、それほど面白くない事はない。

でも、これって僕たちも一緒じゃないかな??

いくら本人の本当のキャラとはいえ、急に毒を持った発言とかしない方がいいと思う。
そんな人はTPOで発言内容を変えます。意識した性格なんて面白くないからね。
僕も同じことが言えます。みんなでギャーギャー騒いでおきながら、会社では黙々と仕事するし、保育園では目立たぬように目立たぬようにしています(笑) どれが本当の自分?? 全部自分なんです。
ただ、商品のように過剰に突出しても逆効果だと僕は思う。

そのままでいいんですけど、そのそのままが一番難しい(笑)

 

自分らしい?自分らしくない? 自分で判断せずに聞いてみる

自分らしい?自分らしくない? 悩んだら聞いてみること。でも普通に友達に聞いちゃうと「いいんじゃない」という言葉が100%返ってきます。当たり障りのない答えを人はします。
そこは注意してね。 どうせ聞くなら、自分よりSNSで発信している人です。数じゃないよ内容ですよ! 自分より内容がいい人は「人気がある」と仮説を立てても間違っていない。
そして、自分自身を客観的に見ていることが多い。
できればそういう人にゆっくり聞いてみる。

自分のことは一番わかっていない。  と思っていても僕はいいと思っています。
僕も自分である意味天才だと自負していますが、客観的に自分を見れていないです(笑)

だから聞く。もしくは反応を見る。

同じような内容を発信してもイイネが減ってきているのは、発信内容がおかしいからじゃないかな?
と僕自身は思うようにしています。

キャラが変更するなら、時間をかけてゆっくりと
急に言いたい事言い出したら、「え?どうかしたの?」と言われる。

僕もね。そろそろ優しい路線に変えたいの・・・
みんな怖いと思ってるやん・・・ こんなに優しいのに(笑)

だから2018年は優しい路線に。微笑みが絶えない路線にしたいと思います。

こんな微笑みでマックスブログ塾生を包み込みたい・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スクリーンショット 2018-02-24 19.07.34

 

 

 

 

アーメン


The following two tabs change content below.
壁下 陽一
大阪府羽曳野市にある工場付き店舗と阿倍野区にある直営店の2店舗経営する(有)クリーニングビー代表取締役です。  店舗運営に加えて宅配クリーニングにも力を入れる。洋服のクリーニングだけではなく、洋服のメンテナンス方法を分かり易くブログで紹介しています。 たまにブログやFacebookの使い方講座などの講演活動も行っています。