人は過去に興味があり、今の自分には興味がない。 ブログを書くなら過去に光を再度当ててみよう

こんにちは 壁下です。昨日は博多でマックスブログ塾補講からの赤門屋さんでもつ鍋→韓国料理→カラオケ・・・ 長いね。相変わらず懇親会は7時間…

最近つくづく思うことは、誰もあなたの職業に興味無い ということ。
残念ながら誰もクリーニング屋の僕には興味無い。別にクリーニング屋だからお付き合いしている人なんてもういなくて、壁下陽一という人物に興味を持っていただいている。ということです。
昨日のメンバーである赤門屋の滝澤翼さんももつ鍋屋さんを営んでいるけど、別にもつ鍋じゃなくても僕は彼と友達になったであろうし、仲良くさせてもらうはず。
もちろん、彼の手がけるもつ鍋は超絶おいしいし、昨日食べたニンニクではなく生姜でのもつ鍋は本当に美味しかった。もう生姜派です。僕!!

はい、話が脱線しましたね。でも繰り返しますね!! ニンニク味に慣れた赤門屋のもつ鍋。ぜひ生姜味も食べてみてください♬

昨日のメンバーの整体師の長澤さんも別に整体には興味がなく。僕の周りにもいっぱい整体師いるので別に彼女が違う職業でも問題ない。広島から来られえていた菅藤さんも卵屋さんという希少な職業ですが買ったことすらないです(笑)

別にあなたの職業(本職)に興味はない。

多分、みんな思ってますよね。他の人のことを。 でも、僕たちは本業のことを語りたがる。これでも買っていいたい・・・伝えたい。いろいろな人に伝えたい。という気持ちなので悪いことはないと思う。でも、もう少し俯瞰して見て欲しい。情報を出すのは一番大事。有意義な情報は書かないとダメだし。書き続けるべき。でも、毎日大事な情報なら見てる側は疲れます。ずーっとサーロインステーキのフルコースなんか出てきたら、気持ち悪くなるでしょ(笑) それと同じ。少しは違うことを発信しよう!! もっと自分を彩る発信したいです。

人は他人の過去に興味がある

ブログで自分を出す。簡単な言葉だけで難しいですよね。 なぜ難しいか?? 「誰が私の過去に興味があるのだろう??」っていう疑問があるからです。確かに… でも過去を知ることって重要じゃないですか?? もし、新しい彼女や彼氏ができそう! ってなった時。何を聞きますか??

・小さい時って何して遊んでたの? 
・どんなテレビ見てた? 聞いていた音楽は? 
・好きな食べ物やよく行くレストラン
・今まで行った旅行先 
などを聞きませんか?? もしくは会話で情報収集する。

僕は人は今を知るために、今をより好きになるために過去を知りたい欲求があると思っています。
僕が知らない過去を知り、今のあなたと頭の中で線で結ぶ。そうすることで安心感を得る。 あれ?僕だけかな?? 僕はいろいろ相手のことを知りたいタイプです。
未来じゃなく過去をもっと知りたい。 それって、SNSも同じだと思うんです

・なんでこの仕事してるの??
・なんでこの土地で働いているの?? (出身地と違う場合)

誰もが思っていると思います。そこには必ずたった1つしかない物語があります。その物語は誰も語ることができない物語であり、この世でたった一つのもの。 僕はその物語は発信するべきだと思う。
「面白くない」と思ってるのは自分だけであり、他の人は絶対に面白いと思うよ。もちろん、脚色とかはしないでね(笑)

これは仕事だけ発信してる人には是非してほしいと思います。僕にとって仕事の発信はただの上澄みです。全く深くない。深いのは皆様の心の中にある。と思っています。
もちろん偉人伝みたいに本になることはないです(笑)でも30人くらいに届けばいいと思う。ありのままを伝えること。

そのブログを書くときに、イメージしてほしいことがあります。
それは自分のタイピングのスピードです。明らかに普段とは違うスピードでブログを書き上げることができます。理由は良く見られようと思っていないから。過去の話、ありのままの話はお客様は誰も読んでくれていないかもしれない。いや、読まれても全然お得な情報ではないですよね。売り上げに直結しないブログってとてもスラスラ書くことができます。逆に言うと、いつものブログは「いかに良い印象を与えようとしているか??」を考えながら書いているのか? ということがわかる。
それを知っているか?知らないかでブログを書く感覚がこれから全然違ってきます。

いかに自分がよく見られたいか? そんな自分のスイッチを確認する瞬間です。

無駄な過去に財産がある

もっと若い時に勉強していればよかった。ってたまに思うけど(笑) でも、勉強せずに遊んだあの日の価値は今では得られないものだな。と思っています。
高校に入る時から実家のクリーニング屋さんでアルバイトしてました。 毎月5万円ほど給料があり、高校3年生春休みの4月の給与は16万円でした(笑)高校生にしては働きすぎです。

働いたお金は洋服に消えたり、CDを購入したり、旅行に消えた。
初めて行った海外旅行は高校2年の夏のロサンゼルスとサンフランシスコ の一人旅
初めて飛行機に乗ったのがデルタ航空でした。キャビンアテンダントさんもアメリカの女性で大きくとまずお尻の大きさに度肝を抜かれた。 初めての宿泊地ロサンゼルスのダウンタウン、フィゲロアホテルの治安の悪さに震え、お金をくれと言い寄る黒人のムキムキマッチョマンにびびり倒してた17歳の夏。そこから海外の楽しさを覚え、学生時代はアメリカ本土に4度行きました。
ニューヨーク、シカゴ、サンフランシスコ、ラスベガス、ロサンゼルス、フロリダ
ラスベガスから車でグランドキャニオンやモニュメントバレーに行きました。

シカゴから2泊3日かけた大陸横断鉄道 今でもあの景色は忘れられない。
朝から晩まで外の景色はずっと変わらないんですよ。ずっと農地(笑) 時間があるということはとても贅沢である。と身をもって知った22歳の冬。

全てが今の僕の根源になりつつあります。あの時はただの遊びだった。
でも、もしかしたらあの遊びが仕事になるかもしれない。

それって僕にとってはあの時の遊びはかけがいのない価値になりつつある。

無駄だと思えた20年前の遊びも、今では絶対にできません。
そこにもう一度光を当てると、また違った輝き方をするかもしれません。

ぜひ、一度16歳から22歳くらいの思い出を思い返してください。
何か大事なことが見えてくるかもしれません。 20年の時が経ちやっと自分の価値に気づいた僕(笑)もっと早くに気づけなかったのかよ(笑)

常に思います(笑)

ぜひ、ブログ書いてくださいね。
自分の過去を書いちゃいましょう♬ 絶対に反応は変わりますよ。
反応が変わってからが勝負です!! その反応は忘れないでね!! その反応が出るように本業のブログを書きましょう! 絶対に変わるよ。ちょっと難しいけど。


The following two tabs change content below.
壁下 陽一
大阪府羽曳野市にある工場付き店舗と阿倍野区にある直営店の2店舗経営する(有)クリーニングビー代表取締役です。  店舗運営に加えて宅配クリーニングにも力を入れる。洋服のクリーニングだけではなく、洋服のメンテナンス方法を分かり易くブログで紹介しています。 たまにブログやFacebookの使い方講座などの講演活動も行っています。