もっと意識的にワクワクして生きないと!! 2歳児の誕生日にて思うこと

昨日は息子の2歳の息子の誕生日でした。2年前に難産の末に緊急帝王切開 へその緒は首に三重に巻いていたそうです。お腹の中で動きまくっていた息子…その事実をオペ中に聞いた奥様はお腹から出てきた息子に発した初めてのコトバは「自業自得や」だったみたいです(笑)

仕事が終わったのが19時 そこからファミレスに行って軽〜い食事を♬
本人は誕生日の意味は深くは理解していません。とりあえず理解しているのは
①ハッピーバースデーがなるとローソクの火を消す。
②やたらとプレゼントがもらえる日だったみたいです。

僕からのプレゼントは後日ですけどね。とにかく雨、おもちゃや絵本をもらい、嬉しすぎて発狂しまくった1日になったみたいです。今日は保育園に行けたのかな??

2歳の彼にとっては毎日が新鮮だと思う。

車に乗って電車を見ると喜び、バスを見ると「チュッチュッチュ」と教えてくれます。
※昔はバスと言えたけど、お弁当バスという歌を覚えてから、バスは「チュッチュッチュ」になりました。そんな彼は毎日色々な情報を取得している。毎日の成長に驚くほどです。

まさに、好奇心の塊。

そんなワクワクもう僕たちにはないよね。大人になったら余程の事がない限りワクワクしない。
無理矢理ワクワクするのも時には必要かもね。僕も同じですよ。クリーニング屋ばっかりしていても全然ワクワクしない。いつの間にかルーティンワークになってる。
そんな中でも新しい発見をしたり、好奇心を持つ事が大事だなーって

そんなことを思った ハルトの誕生日。

 

 

写真いろいろアップしたいけど。今日は上がらないね・・・
チキショウ・・・


The following two tabs change content below.
壁下 陽一
大阪府羽曳野市にある工場付き店舗と阿倍野区にある直営店の2店舗経営する(有)クリーニングビー代表取締役です。  店舗運営に加えて宅配クリーニングにも力を入れる。洋服のクリーニングだけではなく、洋服のメンテナンス方法を分かり易くブログで紹介しています。 たまにブログやFacebookの使い方講座などの講演活動も行っています。