美術館が苦手なら、好きになるポイントを自分で探そう!やっと見つけたYO!  

こんにちは カベシタです。 ここ数年エクスペリエンスマーケティング主宰の藤村先生に言われていることが『芸術に触れる』ということ。音楽、映画、美術、演劇 なんでもいいから芸術に触れよう。
昨日も講演の中で芸術についてお話されていました。

僕は苦手なんですよね・・・ 芸術。。。理由は絵心ないから(笑)
書いたことないし、作ったこともない。でも、美術館には行こうと思います。国内の美術館は10年ぶりくらい。10年前は六本木の国際美術館的なところにゴッホ展を見に行きました。20分で見終わった。そのうち10分はゴッホの生涯をまとめた映像を見ていました。

ゴッホの生涯を端的に表した。精神的に弱かった点や、なぜ耳を切り落としたのか?精神の病により使う色も変わっていったことなど。を説明を聞いていました。その記憶は僕に残っている。
絵は印象にナッシング!! ノー絵画です。

そこで、僕は早とちりをするんですよね。芸術の意味がわからない。って そして、その話を華道の内藤家元にお話ししたんです。内藤家元が伝える光風流では流派の皆様と美術館に行くことがあるそうです。その際はできるだけ学芸員の方に美術品に関する話をしていただくとのこと。
どういう思いでこの絵を描いたのか?どういう時代だったのか?その背景を知ってから絵を見るとまた違った見え方がする。とのこと。

背景(バックグラウンド)を知る。 これってとっても大事なんですよね。僕は日頃SNSを通じてその人の背景を見ようと言います。 そんな僕が絵画という絵の表面しか見ていなかった。
これでは面白くないですよね。どんな風に書いたのか?どんな人物でどんな人生を送ったのか??
僕は人に興味があるので、余計に背景を知ると絵の見方が変わります。
そんなことを改めて知った37歳のカベシタ・・・

そんなことを考えながら22歳の時にニューヨークのメトロポリタン美術館で見たこの絵を思い出した。


スクリーンショット 2017-12-07 10.35.45

この絵を描いたフェルメールも背景を見てたらよかった。
表面だけでは一部の情報しか得ることはできない。 自分で知る、興味を持つ。
そういう側面で美術館を見るのもいいかな? って思いました。
まだ行ってないんやけどね。でも12月中に行くよ!! 天王寺美術館行くよ!!(会社から徒歩15分)近いのにいかないものなのね(笑)

それ以外のこともいっぱい聞いたけど。僕から聞くよりツイッターで検索してね。
#エクスマセミナー

僕が一番 ハッとしたのがこれ

違う(笑)

 

3つのF  家族、友達、フォロワー  の掛け算
フォロワー数だけ目を向けてもダメ。 家族や友達についても発信しないとただの変な人やん。
その人の本当の中身はフォロワー数じゃないよ。友達の質やと僕は思っています。 そこに人間関係の縮図がある。ビジネスの人付き合いは誰でもしてるし、どんどん増えます。でも友達は基本的に減る。
高校時代の友達、中学校時代の友達。今何人の方とお付き合いしてますか?? 僕はほぼない(笑)
遊ぶ友達が変わることがある。当然です。でもいろいろな友達を増やしながら今までの友達と付き合える子もいます。そういう子はやっぱり魅力的です。

自分も魅力的になるためには掛け算で表現したいなーって思ったと同時に僕は少し反省です(笑)

ということで今日も仕事頑張るよ!! 美術館行くよ!!


The following two tabs change content below.
壁下 陽一
大阪府羽曳野市にある工場付き店舗と阿倍野区にある直営店の2店舗経営する(有)クリーニングビー代表取締役です。  店舗運営に加えて宅配クリーニングにも力を入れる。洋服のクリーニングだけではなく、洋服のメンテナンス方法を分かり易くブログで紹介しています。 たまにブログやFacebookの使い方講座などの講演活動も行っています。