エクスマに12年ほど関わらせて思ったこと。僕にとっての道標

こんにちは 壁下です。 今日は僕のことを少し

12年前の6月 エクスペリエンスマーケティング塾という場に参加しました。
当時25歳の壁下青年です。 若かったー笑

12年後の今年は同窓会という名目で1000人ほどの塾生のうち80名が北海道の阿寒湖に集合しました。
スクリーンショット 2017-11-04 18.00.33

12年間もなんで行き続けるのか??ある人から見れば「ただ遊んでいるだけ」と取るとおもいます。またある人から見れば「アホなんちゃう?」と思うとおもいます。
正解は、アホなんです。(真面目にアホなんです)
よくエクスペリエンスマーケティングというものを理解していないし、これからも理解できないとおもいます。理由はずーっと藤村先生が動き続けているから、ついていくのが大変なんですよ。マジで。60歳手前の初老のくせに考え方が本当に若いし、柔らかく、真理に沿っている。

真似できない!と思うことも多々有ります。でも少しでも僕自身の考え方の道標にしようと思っています。だから、答えを買いに来ている人は合わないとおもいます。(個人の感想)
販促のテクニックやマーケティング手法などは多分もう教えてくれない。
そんな表面的なことはどこでも学べるし、Google先生でも聞ける。
そんな表面的ではなく、もう少し奥深いところを教えてくれています。

でも、その奥深いところの最深部まで僕は教えてもらっても、理解できないから行き続けています。ただ好き、楽しいだけじゃないんですけど。奥深い場所は言葉に表すのが本当に難しい。
簡単に宗教的な部分と言うのが一番簡単で当てはまりやすい。でも表面的に判断する人は悪いイメージで捉えるから僕はそう伝えたくない。

でも、藤村先生が話す真理の部分は宗教と相重なる部分が多いです。宗教も真理を説く。
その真理は根っこで繋がってるから勘違いする人は宗教的というけどね。僕は小さい頃からおばあちゃんと一緒にお寺さんに行ったりしました。本堂に上がりお経を読んでもらったり。総本山的な場所に行ったし、宿坊にも何回か泊まりました(意外でしょ) 実家には毎月お坊さんが仏壇にお経をあげに来てくれています。小学校の頃からずっと。昔は苦手でした。だって僕の家から夜になるとお経が流れるんですよ。本格的な。そんな家はない(笑)

そして、お経の最後にはお坊さんの説教が始まります。それがよく当たるんですよ。 いつも悪いことを見透かされていてヒヤヒヤしていました。 お坊さんに本当に見透かされる。嘘は通じない。そんな中学時代です(笑)

でも、どんなお寺でもどんなお坊さんでも話すことは違えど、言いたいことは一緒。
親を大事に。嘘はつかない。人に優しく。 幼稚園で教わるレベルのことをお坊さんは僕たちに伝えてくれます。しっかり先生の話を聞こう。とかね。

本質は一緒なんだなーって、最近なんとなくわかりました。
藤村先生も本質は変わらない。そっと自分らしく生きて行く。 そういうことを教えてもらっている。 そんな気がします。

表面的に物事を判断しない。 その奥を見る

あれから12年 僕はとても優しくなれた気がします。
そして、エクスマは僕の道標 だから、いつも確認しないといけない(笑)
じゃないと僕はフラフラしているから右や左にぶれるからね(笑)

そんなことを思った2017年10月末

北海道でお会いした皆様!ありがとうございました!!
またお会いしましょうね!!

 


The following two tabs change content below.
壁下 陽一
大阪府羽曳野市にある工場付き店舗と阿倍野区にある直営店の2店舗経営する(有)クリーニングビー代表取締役です。  店舗運営に加えて宅配クリーニングにも力を入れる。洋服のクリーニングだけではなく、洋服のメンテナンス方法を分かり易くブログで紹介しています。 たまにブログやFacebookの使い方講座などの講演活動も行っています。