SNSは一瞬を切り取るが故に誹謗中傷が起こる…いやいや気にしないで

こんばんは 先日20年くらいのお付き合いのある散髪屋のオーナーと話していたこと。
「SNSやめてん」って…マジスカ?? ですよ。

僕が通い始めてから、店舗を拡大し、新店舗は2店舗開店。毎年海外に社員旅行にいくけれど、そのほとんどはサーフィンができる場所。散髪屋なのにDEUSのTシャツを売っています。

まぁかっこいいんですよ。 息子さんは大阪桐蔭のラグビー部出身、今年から大学に通って、月刊ラグビーか何かの雑誌に載ってるみたい。

でも、地域のお仕事だからちょろっとあらぬことを言われていることが耳に入ったみたい。
仕方ないですよね。

SNSなんて一瞬一瞬を切り抜くものです。
社員旅行に行くのも経費がかかってるし、社員たちは積み立てもしている。4店舗経営しているけど店舗が増えても楽にはならない。しんどい時の方が増えます。

それでも、見る人が見ると、ひがむ対象になるみたい。

もったいないなー。って。

もうね、発信したら何も感じないことです。
「○○みたいに思われたらどうしよう??」
➡︎大丈夫です。誰も見てません。
「嫌われたらどうしよう??」
➡︎大丈夫です。好かれてません!!

全部自意識過剰です。

どんどん素敵に一瞬を切り抜きましょう!! 僕もほとんど家にいないイメージがあります。
そんなことないよー。ほとんど家で食事をしています。大阪では飲みに行くことも少ないです。必要最小限です。ほとんど行きません。

でも、見る人が見ると家に帰っていない。となります。
それは仕方ないです。その人の見方なんで。もしなんか言われたら「正解です。よく見てますね!!」と笑って過しましょう!! だって事実ですもん。その裏でめっちゃ仕事してるし、その方が休んでいる土日に働いています。切り抜いた瞬間だけを見るのか?切り抜いた瞬間のその奥を見るのか?はその人の才覚です。僕たちにはどうしようもできない。

気にせずにどんどん発信しましょう!! その方が絶対に楽しいですよ。 本当にね♬


The following two tabs change content below.
壁下 陽一
大阪府羽曳野市にある工場付き店舗と阿倍野区にある直営店の2店舗経営する(有)クリーニングビー代表取締役です。  店舗運営に加えて宅配クリーニングにも力を入れる。洋服のクリーニングだけではなく、洋服のメンテナンス方法を分かり易くブログで紹介しています。 たまにブログやFacebookの使い方講座などの講演活動も行っています。