『最近体にいいと言われている』食品って毎年出るけど翌年にはもう無い(笑) もう出し尽くした感がある。

こんにちは 昨年フィーバーを巻き起こした水素水 どこに行ったのだろう??
健康食品自体興味ないのですが、毎年流行を作る業界がすごいな…と思っているクリーニング屋の壁下です。
僕が働いているクリーニング屋(洗濯業)は2000年前から存在しておりました。

ステファヌスの洗濯屋 FULLONICA DI STEFANO  

ステファヌスの洗濯屋 FULLONICA DI STEFANO

ポンペイ遺跡では18軒もの洗濯屋が存在していた見たいです。プレス機も存在していたんですよ。
日本では石槍で猟をしていた時代にびっくりです。

生活に密着していた業というのは、新しい商品は出るのですが、根本的な技術は出し尽くした感があります。
美容業界も同じかな?? 髪の毛の成分は古来から変わることはありません。もちろん技術の進歩はあると思いますが、あまり大きな変化はないと思います。

劇的に汚れが落ちるシャンプーとか、劇的に髪の毛が生える育毛剤 なんてものが出てくれば別ですがそんなことはありません。理由は人のための商品だからです。僕たちがあるからシャンプーも洗剤も必要だということ。
僕たち人間から出る汚れが変わらない限り商品に大きな変更は必要ない。

だから、戦後から比べるともちろん進化はしているけど1990年代からさほど技術の進化は見られなくなってきています。
出し尽くした感がある。もちろん、これは業界的にはいいことですよ。
健康食品も同じかな?? って僕は思っています。

毎年新しい商品は出てくるけど。翌年には姿を消していることが本当に多い。
あれだけ意気揚々に販売していたのに、今年は別の商品を売っているってなかなか多いですよね。

僕の考え方はこんな感じ

5年後健康食品として存在しているならあり、基本消える ということです。

また、体にいいものは僕たちが生まれる前に基本的に確立されている。
科学的根拠もないのに古来の人は体にいいものを食べ続けている。というのが僕の考え方。

今、体にいいものは昔からあるものが多くないですか?

これは洗濯業界も同じです。機械的には大きく進歩しているけど、洗剤はほぼ同じです。
劇的に変わることはない。

今年発売された新しい洗剤も来年には姿を消します。

古くからあるものに目を向ける。 

原理原則変わらない

そんなことを思った最近です。

そういや、純水とかどこ行ったんだろう・・・


The following two tabs change content below.
壁下 陽一
大阪府羽曳野市にある工場付き店舗と阿倍野区にある直営店の2店舗経営する(有)クリーニングビー代表取締役です。  店舗運営に加えて宅配クリーニングにも力を入れる。洋服のクリーニングだけではなく、洋服のメンテナンス方法を分かり易くブログで紹介しています。 たまにブログやFacebookの使い方講座などの講演活動も行っています。