洗濯もお料理と似ている点 洗濯も一手間加えると綺麗になる

おはようございます。今日は久しぶりにおうちの洗濯について書きますね。

洗濯のそもそも論です。CMやみんなの投稿を観ていると、高い洗剤はいい。安い洗剤は落ちない。というイメージを持っている方が多いです。
もちろん間違いではないです。高い洗剤の方がいいと思う。(でも内容は変わらない場合が多い)、一番の要因は高いと自分が納得するという点が多いです。惑わされてはいけないです。今日はそもそも論を書きますね。

洗濯はそもそもお水だけでいい

食べこぼしや目立った汚れがない場合の洗濯するとき、「汗を落としたい」とか「○回着用したのでそろそろ洗う」という方が多いです。これは正解! でも、その程度の汚れならお水に浸すだけでも大丈夫です。
汗の汚れなどは水で分解されます。 お湯ならもっといいです。

お風呂を思い浮かべてください。体を洗わなくてもお湯を張ったお風呂に入って体を拭くとさっぱりしてますよね。
汗の汚れが落ちたということです。基本的にはこれで十分です。
一番簡単な洗い方はバケツにお湯をためて、30分ほど放置して脱水してハンガーで干すこと。
※食べこぼしなどの汚れがない場合

どうしても洗剤を使わないといけない!と思い込んでいるだけです。
原理原則は水でも落ちる。

でも、それはあまり汚れていないことが重要ですけどね。

その次に汚れを落とすにはお湯であることです。お湯(40℃から50℃)で洗浄力は変化します。
水で浸して洗うより、50℃のお湯で浸して洗う方が汚れを分解します。
でもお家の洗濯機ではお湯では洗えないですよねー 僕の家は洗えません。

これは料理でも同じです。冷えた料理より暖かい料理の方が美味しいし、味に深みが出ます。
それは温度をかけるかかけないかだけですよね? 冷めたステーキはやっぱり美味しくありません。焼きたてのステーキの方が美味しいでしょ。洗濯でもお水が暖かいということは友好的です。

洗剤の中身について

洗剤の中身は値段でさほど大差はありません。仮に料金は高くても汚れが落ちやすい洗剤があれば僕たちが使っています(笑) されに高性能でなんでも落ちる洗剤があればクリーニング屋はどんどん潰れています(笑)用がなくなるものね。

冷静に考えて、そんな商品は存在しません。
あと高価な理由はオーガニックな洗剤かどうかです。

でも一般的にオーガニックな洗剤は汚れ落ちが悪いです。だって、食べているものが全てオーガニックじゃないのに、その汚れがついたらオーガニック洗剤は不利です。合成洗剤で十分ですよ。もちろん個々に過敏な方がおられますのでそれは個々に対処してください。

子供用の洗剤とか僕はあまり意味がないと思っています。そんな洗剤にこだわるならお湯だけで洗えばいいよ。って
でも、真水で洗うでしょ。高い洗剤使うより温水で洗った方がいいと思いますよ♫(面倒だけど)

ここからが今日の本題 洗濯と料理ってよく似てるなーって思っているんです。

例えばお味噌汁を作るなら、お味噌に調味料が入っているお味噌を使えば簡単にできます。
(これがアタックなどの合成洗剤ね)
でも、料亭などは鰹節や煮干しから出汁をとります。
(料理に合わせて配合します。僕たちはこのやり方 温度分量などを洋服や素材によって変えます)

みなさん、お家のお料理は煮干しの腹わたを抜いたり、鰹節を削っていますか?
しないですよね? 僕の家もアゴ出汁の出汁をお湯でわかして料理に使う程度。少しの手間だけで変わります。
お洗濯も同じです。合成洗剤で同じような効果が得られます。そこに一手間を加える。温度や30ccほどの酸素系漂白剤を入れてあげるだけで洗浄力は変わります。

でも、味がないので結果はわかりにくいです(笑)

ほんのすこしの一手間で十分です。毎回高い洗剤を使ってもお水じゃ意味は薄いです。
どんなに高価な鰹節使っても冷めたら美味しさは半減です。

すこしの手間で洗濯は変わります。

今回伝えたかったことは、お湯だけでも十分です。
特にフワフワ系のお洋服着ている人は洗わなくていいよー さらっと洗うだけで十分です。


The following two tabs change content below.
壁下 陽一
大阪府羽曳野市にある工場付き店舗と阿倍野区にある直営店の2店舗経営する(有)クリーニングビー代表取締役です。  店舗運営に加えて宅配クリーニングにも力を入れる。洋服のクリーニングだけではなく、洋服のメンテナンス方法を分かり易くブログで紹介しています。 たまにブログやFacebookの使い方講座などの講演活動も行っています。