繁忙期ですが… ボタンの話

桜も散り、本格的な繁忙期…

お店も大忙し、宅配も大忙し、僕も大忙し、 人で不足もあり
忙しいよーーーーーー

さてと… 今日はボタンのお話をします。
クリーニング屋をしていて多いのがボタンの破損です。

カタチあるものはいつか壊れるのですが、洋服ではボタンやチャックが壊れやすい
ボタンが割れた場合、クリーニング屋さんが取る方法は
メーカーさんに電話して同じボタンを用意してもらう こと。

この問い合わせをした場合、ほとんどのボタンは販売後5年が経過しております。
ボタン割れの原因は経年劣化がほとんど…
ちなみにクリーニング業者は割れる前にボタンも点検しています。 洗うときもネットに入れて洗ったり、ボタンのダメージが無いように洗ったりします。(もし、割れた場合の方が何倍も仕事量が増えるので…)

中には、このボタンもうすぐ割れますよ〜 とお伝えしたら、『百貨店で買ったのに!!百貨店に持って行くわ!!』と激昂するお客様もいます… その気持ち分からなくもないですが… 百貨店で購入しても、安いスーツを購入しても、30万以上のテーラーで購入しても… 5年も経過すれば割れるときもあります。

特にスーツのボタンは水牛の角を使っているのも多いので、クリーニングの感想の際にヒビが入る場合もあります。
これは仕方ない… テーラーさんによっては『クリーニング屋の乾燥が悪い!』という人もいますが、乾燥しないと…僕たちクリーニング屋やっていけません(笑)

そんなことを思った繁忙期の夜…

どうか… 全ての責任を僕たちクリーニング屋にするのはやめてね…
まじで(笑)

さて 明日もクリーニングしよ!!!


The following two tabs change content below.
壁下 陽一
大阪府羽曳野市にある工場付き店舗と阿倍野区にある直営店の2店舗経営する(有)クリーニングビー代表取締役です。  店舗運営に加えて宅配クリーニングにも力を入れる。洋服のクリーニングだけではなく、洋服のメンテナンス方法を分かり易くブログで紹介しています。 たまにブログやFacebookの使い方講座などの講演活動も行っています。