#ブログマラソン必勝講座は反省点ばかり

昨日はブログマラソン必勝講座を開講しました。18時からの予定だったんですが…
まさかの遅刻… だって繁忙期なんだもの…
僕が配達に行くとどんどん注文受けるんだもの… 17時からストップって言うのが遅かったんですが… 気付いたら17時からの配達が7件程… ということで急遽18時30分に変更しましたがそれでも間に合わず18時40分からです。すいません…

 

ブログマラソン必勝講座の内容

まず、ブログマラソンですが、約1年かけて影響力を上げよう! という大会です。 参加希望社は#ブログマラソンを付けてツイッターで投稿するだけです。ただマックスブログ塾の皆様に関しては賞金が参加費から賞金が授与されます。

勝負は12月1日〜31日 (集計日1月5日)
12月1ヶ月間でのブログ内イイネの数を集計します。 そのイイネの数の多さで一人1万円を集めたお金を分配します。
ブログ内イイネが多い人が賞金が多くなり、少ない人は残念ながら1万円より少なく帰ってきます… (涙)

要は… 12月1ヶ月間だけブログをがんばれば良い… のですが、イイネを数多く貰う為には今から毎日コツコツと発信して行くのが一番大事。日々ブログも更新していないのに、イイネは貰えません…
1万円の為にブログマラソンに参加するのではなく、来年再来年の自分の為にブログマラソンに参加してほしいと僕は思っています。

自分が書くべき内容をもう一度考える

クリーニング屋が10人いたらブログなんてほぼ同じです。
お花屋さんが10人いたら書く内容はほぼ同じ… なんならコピペしたやろ!! って怒られかねません…
だって同じことしてるんですもの… だから僕は『自分の視点』を大事にしています。
同じモノを扱っていても、『僕は◯◯だと思う』これだけで自分の視点です。 主語が無いと商品紹介になるのですが、僕はを付けるだけで主観に変わります。しかし、責任も発生します。でもね、責任が発生しないブログほど面白くないブログはありません。単なる一般論をブログに書いても意味が無い。だから書くべき内容を精査します。

年齢、男女、業歴、などブログを書くポジションは人それぞれです。自分ならではのポジションをよく確認すること。これが大事。
あとはオリジナリティあるものを書く。私は◯◯だと思う。断定でもいいです。責任ある文章を書く。
あとはかけ算です。 あなたの本業×ユニクロ・109・東京・アメリカ・世界 などなど何でも書けます。
この時点で同じ視点の同業者はいなくなります。

簡単でしょ。 ブログなんて。

 

一番大事なのは SNS上での関わり

にわかに信じられなかったこと…  それはマックスブログ塾なのにイイネが少ないこと…

ブログを投稿する… イイネ観て下さい…

スクリーンショット 2017-04-19 12.14.39

 

14と

 

 

スクリーンショット 2017-04-19 12.14.49

 

16…

 

 

少ない… そしてもっと観てほしいのは…
コメントくださった方に返信もないし、イイネすら押していない…

こういう所なんです!!大事なのは!! ただ投稿するだけではダメ
自分からお友達にコメントしてますか?? 交流してますか?? そういうところが一番大事。
多分ね、日々の仕事が忙しくてSNSが楽しくないんだろうなー って 多分当たってます。

じゃあ、どうしたら楽しくなるのか??

しっかりと人付き合いすることです。 お茶する。飲みに行く。食事する。お出かけする。
これに限ります。それ以外のおつきあいは時間が掛かるのでオススメしません。いたってシンプル。
でも、ただお出かけするのではなく、しっかりとその人を観ることが大事です。

相手に興味をもつ、常にアンテナを立てて…
SNS時代に気を抜いたら最後ですよ。いつ誰に観られてるかわからないですからね!!

 

 

マックスブログ塾に来ても意味は無い

やっぱりね。ブログ塾意味ないわ!! 再受講は4回(12時間)無料とか言ってるけど、投稿しても意味が無い。
そこに心や気持ちがないとこれは続かない。 自分だけじゃなく周りのみんなと一緒にSNSを楽しむ環境に自分がいていることに気付かないとダメだなーって。 僕もそこまでみてあげないとアカンなー って思った昨日の必修講座。

反省です!!


The following two tabs change content below.
壁下 陽一
大阪府羽曳野市にある工場付き店舗と阿倍野区にある直営店の2店舗経営する(有)クリーニングビー代表取締役です。  店舗運営に加えて宅配クリーニングにも力を入れる。洋服のクリーニングだけではなく、洋服のメンテナンス方法を分かり易くブログで紹介しています。 たまにブログやFacebookの使い方講座などの講演活動も行っています。