コンサルティングという仕事が無くなる時代

こんにちは 壁下です。 今日もクリーニング作業中でのブログ更新
最近ずっと感じていること…

コンサルタントって必要??

ってこと。特に小規模な事業の場合、本当に不要だと思います。
クリーニング屋、薬屋などのBtoCは本当に不要です。単発ならいいかも知れませんが継続したコンサルティング契約は売上げが上がる保証、もしくはコンサルティング代金以上の経費が下がる見込みがないとお願いする理由が無くなるかな?って僕は思っています。

なぜ、コンサルタントは不要なのか??

コンサルタントを雇ってやることは、売上げの増加か経費の削減です。
大幅な経費の見直しができればそれ以上のことはありません。 もう一方は売上げの増加… この場合は販売経路の仕組み作りを依頼する企業や商店が多いと思います。 問題はここなんです。

構築した販売の仕組みが長続きするとは限らないということ。この数年で消費者の販売経路がどんどん変って来ています。
数年前まで楽天にてお商売をされている方はとっても多かった…
今、僕の知り合いで楽天でお仕事をしている人はいません…

10年前はネットショップが全盛期でした。 しかし、いまはAmazonでしか買い物をしません。 どんどん変化しています。
数年前Instagramで売上げが上がるなんて思っていもいませんでしたが、Instagramで調べたり、購入するきっかけになっている人は多い。

こんな流動的な時代にコンサルタントは果たして必要なのか??
僕は疑問です。 とくに小さな会社の場合は不要です。
本当に不要。コンサルタントに仕事依頼するなら、そのお金でニューヨークとシアトルを旅行した方がよっぽどいいです。

逆にコンサルタントなら自分の影響力あけで、お客様の会社の売上げをあげるくらいじゃないと厳しいと思います。じゃないと中途半端なコンサルタントは仕事なくなるね…

ちなみにこの前僕は300円のふりかけですが、3時間で100個販売しました。赤字やけどね(笑)来週は日本全国にブティックグレイスのふりかけを発送します!!

さてと、仕事しよ!! 今からクリーニングします!!
小休止 終了!!!!


The following two tabs change content below.
壁下 陽一
大阪府羽曳野市にある工場付き店舗と阿倍野区にある直営店の2店舗経営する(有)クリーニングビー代表取締役です。  店舗運営に加えて宅配クリーニングにも力を入れる。洋服のクリーニングだけではなく、洋服のメンテナンス方法を分かり易くブログで紹介しています。 たまにブログやFacebookの使い方講座などの講演活動も行っています。