どんな仕事もできる可能性がある時代 だなー って

昨日のブログは書いていてとっても面白かった… 妄想ブログ…
クリーニング業界廃業の危機 もし… 魔法のクローゼットが出来たら

クリーニング屋は基本的に現場仕事です。今日入った洗濯物を明日納める。
予約もないので、一日の仕事量は定かではありません。
入って来た商品を仕上げる。ただそれだけです。

だから、基本的には毎日ずっと仕事に追われている(笑)そんな感じ。
こんな職種の人は多いじゃないでしょうか??
『10時までに◯をして、12時には△を終わっていたい。そして15時からはあそこに行かないと…』って。そんな仕事をしていると、現実脳から離れられなくなります。
余裕が無いんですよね。だから面白いことも考えられない(笑)

僕の好きなコトは人間観察。高校時代から好きでした。マクドナルドに座って遠く離れた場所からこっちに向かって歩いて来るおばさんやおっさんの素性を検索したり、勝手にストーリーを作って友達と考える。

『あの人、険しい顔で早歩き… あれ、うんこやで!』
『絶対うんこやで』

みたいな… アホだなーーーーー。カベシタやっぱりバカだなーーーー。
そんなことをマクドナルドのジュースと無料の水をもらいながらずっと遊んでいました。

でも、あの頃の創造性は無意味ではあるけど豊かだった。僕たち大人になってからは『地に足をつけるべき』という発想の元に凝り固まった頭になっています。
もちろん、地に足をつけるというのは大事です。僕はクリーニング屋だから大阪府でしっかり仕事をした方がいい。それは当然です。でもね、今はそれだけではないですよね。
僕の事例では日本の各地でブログ塾を開催出来ています。クリーニング屋なのにね。
たまに、コンサルタントより集客しちゃう。クリーニング屋なのにね。
こういう事が実際に起きています。

理由はSNSです。SNSがあることによって僕を認知して頂いて塾を開催出来ます。
でもね、すこーし発信力をあげると誰でも好きな場所で仕事をできると思います。
例えば

内藤正風家元
兵庫県北条市でいけばなの家元をされています。遠くの教室で神戸市まででした。
でも、SNSを利用して長野県の白馬や、北海道の阿寒湖でもいけばな教室を単発ですが開催できています。

でも、こんなことは家元の華道歴35年の歴史でなかったと思います。
※確認してませんが…

でも、可能性は0ではない。

沖縄の人が大阪に来て沖縄の文化を語ることも可能だし、北海道の人が大阪に来て何かイベントすることも出来ます。
ただし、みんなが聞きたいか?は別ね。

しっかりとした切り口を持っていて、またそれが伝わるなら十分可能です。
僕のブログ塾も一緒です。ただブログだけ教えているだけならもう存在しません。
もっと根本的なことをお伝えしています。

本当に楽しんでるのか?? ってこと。
自分で楽しむ心に鍵をかけてる人が多いです。それを徐々にロックを外す。
どんどん笑顔になる。

これ本当のお話です。別に心理学なんて勉強してないし、スピリチャルな事もしりません。
僕が笑顔で接すれば、塾生みんなが笑顔になり、笑顔じゃない人も結果的に笑顔になります。
要は僕よりみんなの力がスゴイんですけどね・・・ 笑

何が書きたいんだろう… 着地点を見失いました…
本当に見失いました。

 

とにかく、なんかもっとおもしろいことしよう!!
そうしよう!!

明日は書くよ わんこあん のこと書くよ!!

 


The following two tabs change content below.
壁下 陽一
大阪府羽曳野市にある工場付き店舗と阿倍野区にある直営店の2店舗経営する(有)クリーニングビー代表取締役です。  店舗運営に加えて宅配クリーニングにも力を入れる。洋服のクリーニングだけではなく、洋服のメンテナンス方法を分かり易くブログで紹介しています。 たまにブログやFacebookの使い方講座などの講演活動も行っています。