子供の頃の思い出 一番高い蕎麦を頼んだ3歳児の僕

こんにちは カベシタです。 僕の子供の頃のお話を少し…
僕の子供の記憶は2歳から… 仕事をしている父に『僕って3歳やんな?』父『違う2歳や』という会話を覚えています。間違いなく2歳の記憶です。
家族でどこに行ったとか、何を食べたとか。そういうことは僕が一番覚えています。

そんな中、母の実家に帰省した時にいつも食べるお蕎麦
母の実家は福井県武生市(現在越前市?)です。そこでいつも越前そばを食べます。
子供の頃から越前蕎麦が僕の基本です。

僕は子供の頃はなぜかお子様ランチを頼んだ覚えがほとんどありません。
両親がそういうの嫌いだったのかな?? そんな時僕の頼み方の基本はショーケースで並んでいるメニューの一番大きなメニューを頼むこと(笑) いつも◯◯御膳といった箱形のメニューを頼んでいました。 却下される時もあるけど、頼んだ覚えもあります。
もちろん、食べきれないんですけどね…(笑)

もしくは一番高いメニューを頼むこと(笑)
それが一番の思い出かな… そして、覚えているのがこのメニュー

にしんそば

にしんそば

幼少期に食べるものじゃないですよね… にしんそば
蕎麦の上に乗っている、魚… 甘露煮として出されるにしんは子供には美味しくはありません… そして、あれから30年以上頼んできませんでした。

子供の頃に、『あまり美味しくない』料理は大人になって魅力的にはならない。
もちろん、友人が『お前にしんそば食べろって!!』って行ったら頼むけど、僕の隣でにしんそばを頼んでる人は見たことありません。

でも、僕にとっては子供の頃の思い出なんですよね。にしんそば
日曜日の夕方、お決まりのように近所のジャスコに行っていました。

近くのジャスコはこんな感じ
ジャスコ藤井寺店最後の日

藤井寺のジャスコ

藤井寺のジャスコ

1973年にオープンした藤井寺ジャスコは1980年世代の僕たちにはいつも近くにあったスーパーでした。日曜日のスーパーはスゴイ人で、今に思うと小さなフードコートですが、そのフードコートで家族で食事するのがすごく楽しかった。
僕はいつも『寿がきやラーメン』食べてました。 たまには、フードコート横のおそば屋さんへ。そこで食べた にしんうどん。 いまでも思いだします。

なんで、一度しか食べていないにしんそばなんでしょう(笑)でも僕にとって家族の外食の思い出として刻まれています。

思い出の食べ物は一つでも多い方が良い

僕の祖父は僕が生まれて2ヶ月で亡くなったのですが、よく父が『おじいちゃんは◯◯が好きだった』という話を聞きました。辛いもの、タバコ、うどん、魚 そんなもんですけどね。
静かな人でごはんを食べたら、キセルでタバコを吸っていたらしい。何度もそんな話を聞くと写真だけでしか見たこと無い祖父ですけど、僕の頭の中では動いているんですよね。
それくらい父がよく話してくれました

僕も父と祖父のように、僕と父の思い出話をいっぱい陽人にしてあげようと思います。
そうすることによって、にしんそばのように昔話を思い出せたりしたらいいね。

思い出は語ることによって、もっと素敵な思い出になる。
苦い思い出も、経験というフィルターを通って笑い話になる。

一つでも素敵な思い出を残したいね。

これからもたまに、にしんそばを食べよう。


The following two tabs change content below.
壁下 陽一
大阪府羽曳野市にある工場付き店舗と阿倍野区にある直営店の2店舗経営する(有)クリーニングビー代表取締役 また宅配クリーニングにも力を入れる。洋服のクリーニングだけではなく、洋服のメンテナンス方法を分かり易くブログで紹介しています。たまにブログやFacebookの使い方講座などの講演活動も行っています。