SNS投稿が上手くなる秘訣は人の投稿を『くまなく』見ること

こんにちは 壁下です。 今日も大阪は寒い… 明日からは久しぶりに白馬です!
白馬でブログ塾の相談役 内藤正風家元 と エクスマ塾生の五龍館中村ゆかりさんのホテルで海外のお客様向けの『IKEBANA』体験してもらいます。

内藤家元の大阪弁がどれだけインターナショナルなのか…
本当に見物です… 僕ももちろんお手伝い!! スノーボードの板も持っていくけど
とりあえずお手伝いです。心そこにあらず! ですが多分手伝います!!

今日は明日の準備をいろいろとしているのですが…まず手袋がありません!!夏頃にはよく見かけたのに…とりあえず手袋を探すところからです(笑)

実は家元と中村ゆかりさん。この二人は逢ったことないと思うです。しかし、このイベントが成立しました。これもSNSがあってこそです。昨年ガタニイで開催したマックスブログ塾inガタニイの投稿で、いけばなセミナーをご覧になった中村ゆかりさんが『うちのホテルに止まっている海外のスキーヤーに日本の文化を伝えたい!』という思いから開催となりました。

でも、わざわざなんで兵庫県の内藤家元なのか?? まず一つは発信をしているから、
もう一つは発信の中から、ノリや楽しさが滲み出ているからだと思います。
硬ーい感じのいけばなですが、内藤家元が僕たちに話してくれるときはとっても分かりやすく教えてくれます。 そういう所をゆかりさんは切り取って判断してくれたと思います。
実際、破天荒なバツイチのおっさんですからね(笑)あまり言い過ぎると流派の皆様に悪いのでこのあたりで(笑)

 

お二人の共通点 その人の後ろ側を見ることが出来ること

内藤家元と五龍館のゆかりさん この二人の共通点はその人の背景まで見渡すことが出来ること。昔のいい方だと洞察力がある。あの人、今日は乗ってないなー とか 最近元気無いなって。細かな様子を見過ごすこと無く観察している。 多分これは職業病です(笑)

ゆかりさんはずっと接客業でお客様の小さな動作から色々感じ取った人。
内藤家元も同じです。多分職業病(笑) ずっと生徒さんを見て来てますからね。

その人だけを見るなら誰でも出来ます。1対1ですからね。 内藤家元やゆかりさんのようい、背後までみることが出来る人は意外に少ない。背後と言っても幽霊ではないですよ。
その人の家族であったり。置かれている状況です。 一番大事なのはどうしたらその人は喜んでくれるのか? ということ。

人を喜ばすのは、その人が喜べばいいということではなく。その人の背景にいる人が喜ぶかどうか? だと思います。お二人はそのあたりはバッチリ♥️多分、重ねに重ねた年齢もあるけどね… (スイマセン)

もちろん、SNSでも同じです。お二人ともよく見てる(笑)怖い程見てます。時間を費やして量を見てるということではありません。お二人ともそんなに暇じゃないですから。
お二人とも投稿者を冷静に立体的に見ます、 ただイイネを押すだけじゃない。
見ても無いのに、ただイイネ押している人も多いですからね。カツムラとかテアモとか…
それはダメ。しっかりみたいと。

奥行きまでしっかり見ましょうね♫ そうすればもっと楽しくなるよ。

人の投稿を観察してますか?イイネ押す暇あるならもっと見よう

上手な投稿やイイネが多い投稿はなんで多いのか? を観察します。
逆に友達は多いのにイイネが少ない投稿はなぜ少ないのか? を観察します。

良い手本の投稿も、悪い手本の投稿も一緒に見る。そして俯瞰的に見ます。
いい投稿はすぐには真似出来ない。例えば僕が藤村先生の毎朝の投稿を真似して、投稿した場合、それはいいことでしょうか? 多分、『お前何言ってるんだ?』となります。

良い投稿を真似するのは大事。コピーではなく『自分だったら何が喜ばれるのか?』をじっくり考えて投稿する。※じっくり考えてね。じゃないとただの真似になるから。

悪い手本の投稿も同じ。なぜあの人はイイネが少ないのか? を考えましょう?
もちろん言わなくていいですよ。誰にも言わない。でも自分の中で推測を立てる。
目線が上からの場合もある。誰かがいったコトバの場合もある。

友達の数からイイネの数を割り出し、投稿している友達のウォールまで観察、そのコメントの質も見る。そして、写真もね。写真でいろいろ見えるから。

僕のFacebookの写真の見方

・プロフィール写真が売込みであるかないか?
・自分だけの写真が多くない?しっかりと友達写ってますか?
・その友達は毎回一緒ではないですか?
・はだけた女性、チャラい男性は写ってないですか?
・そして、その写真に写っている笑顔は本物ですか?写真を撮る為の顔になっていませんか?
などなど、僕はそういった見方をします。

背景を見るには写真を見るのが一番です。いい人の写真にはいっぱい写真が写っています。
いい人はたくさんタグつけされています。そして、いい人の友達はみんな素敵な笑顔です。
これは間違いありません。

類は友を呼ぶ。

昔から言われていた言葉ですが、SNSによって繋がりが多岐にわたる現代にぴったりな言葉だと思う。流行をおう人は流行を追い続ける友達と一緒にいます。あそこがいいと聞けば、あそこに行く。こっちがいいと聞けばこっちに行く。そんな感じ。
変なおっさんには変なおっさんが集まり。ネットワーク系キラキラ女子にはネットワーク系キラキラ女子が集まります。

冷静に見ることが本当に大切。自分に合う環境はどこなのか??

その人だけを見ずに、その人の背景に注視する。
何を考えているのか? もしかしたら、何かを利用しようとしているのか?
僕はずっと見ています。

逢う前から人を決めつけるな! と怒られるかも知れませんが、逆をいうと最初から自分と合いそうにない人を選べると言うことです。逆に安全です。
特に女性は投稿をしっかりと見て欲しいなー。しっかり見る人はどんどん安全な時代になる。
僕はそう思っています。

でも、本当にSNSのおかげでよく見えます。
へー こんな講演するんだー とかね(笑)

さてと、明日の準備しよ… とりあえず手袋… 手袋…


The following two tabs change content below.
壁下 陽一
大阪府羽曳野市にある工場付き店舗と阿倍野区にある直営店の2店舗経営する(有)クリーニングビー代表取締役です。  店舗運営に加えて宅配クリーニングにも力を入れる。洋服のクリーニングだけではなく、洋服のメンテナンス方法を分かり易くブログで紹介しています。 たまにブログやFacebookの使い方講座などの講演活動も行っています。