胸に突き刺さったって何度か聞いてるけど、そろそろ突き刺さりすぎて心ないよね??

心に刺さりました…
心 打たれました…

って一年に何度言うんだろう この人…

ブログ塾生 1期 金川さん…

スクリーンショット 2016-12-16 09.15.37

目覚ましテレビのココ調 の集計では

心打たれたことはこの1年で54回
目から落ちた鱗は384枚
心からリスペクトしてるひと24名

これがこの1年の集計です。

どれだけ影響されやすいねん!!!

人を褒めるのはいいこと、でも褒めすぎると失礼にあたる

僕はね、人を褒めるってなかなかしません。あっスタッフは褒めますよ(笑)だってすっごく仕事してくれるもの。人の講演を聞いても、実はあまり褒めない。
※藤井さんの講演は聴いてないからまだ不明 いや、藤井さんに謝った方がいい。 適当に書いてごめんなさいと

僕は3パターンを用意しています。

1、本当に良かった場合 

『最高でした』という。でも、その人のキャラに合せて、
1、もう少しお客様を泣かさないと
2、もう少し爆笑させないと
と自分でも出来ないダメ出しをする。

2、あまり良くなかった場合

『練習がたりないね』と言う。 講演に置いて一番大事なのは練習だと僕は思っています。
もちろん、個々の修正点は伝えます。基本上からです。すいません。

3、興味が無い人の場合

『最高でした』と握手して終わり。だって興味ないねんもん。最高の賛辞で終わりです。

何度か書いているのですが、本当に感銘を受けたり、心を打たれた場合は、すぐに行動できないんです。自分自身で消化出来ない。数日掛かったりします。

だって、理解出来ないから心を打たれている訳でしょ??
理解出来ないから、心に突き刺さる訳でしょ??

そんなにすぐに書けるのは、そこそこ知ってる内容です。
いや、むしろ聞いてない可能性が高い

もうね。最大限の賛辞なんて必要ないんです。逆に胡散臭い。
特に乱発する人はもうオワッテマス
だって1年間に54回心を打たれている人の褒め言葉は本当に胡散臭い

でも、これって、僕自身にも当てはまること。
簡単に褒めてはいけない。
簡単に勧めてはいけない。

言葉に責任をもつこと。 気をつけていこう。


The following two tabs change content below.
壁下 陽一
大阪府羽曳野市にある工場付き店舗と阿倍野区にある直営店の2店舗経営する(有)クリーニングビー代表取締役 また宅配クリーニングにも力を入れる。洋服のクリーニングだけではなく、洋服のメンテナンス方法を分かり易くブログで紹介しています。たまにブログやFacebookの使い方講座などの講演活動も行っています。