マックスブログ塾とIKEBANAセミナー

こんにちは 壁下です。

昨日は札幌でSNSのセミナーとIKEBANAのセミナーです。ブログ塾と言っておきながら、ブログのお話したかな??

でも、そんなセミナーの様子はTwitterで #マックスブログ塾
で検索してください!!

以下一部抜粋

えー 実は真面目な話もしたのですが、ほぼIKEBANAの投稿です(笑)
それくらい、皆様の心を鷲掴み

5時間のセミナーでしたが、2時間ほどiKEBANAをしました。
IKEBANAのあり方を聞くのですが、毎回自分に置き換えて聴いています。

お花を人間と捉え

魅せ方一つで寂しくもなるし華やかにもなる

これは僕がいけばなのお花を聴いて思うこと。

会社を経営し、スタッフを雇う立場であるので、そのスタッフの個性を咲かすのは僕たちの仕事です。
個性を認め、彩る。

これってなかなか難しいです。

やはり、個性を殺し、均等な人材を好んでしまう。
そして、自分に従順な人間をね。 その方が楽です。

でも、そんな贅沢は言えない。
個性を華やかにすることが僕の仕事

IKEBANAはお花を通して、僕たちの心の中を気付さてもらえます。でもねこのお話もいけばなをしたことない人には伝わらない。

いけばな は観るより、体験するべき

いけばなは観るより体験するべき。なんでもそうですよね。
何かをやる前から、語れません。体験しないとね。
ブログも同じ。毎日書いてない人がブログを毎日書いてください。とか言えない。
SNSをやってない人がSNSを語れない。

いけばなも一度は体験してほしい。

いけばなのやり方を学ぶのではなく
お花に携わる それだけでいいと思います。

そして、花瓶を会社にお花を人に見立てて、彩る。
右に曲がる人もいる
左に曲がる人もいる
上に向かうお花がある

全てが必要なんです。

皆が同じことを考えていて、全員が上を向いたら、きれいには見れません。不自然です。
まるでお隣のお国のようにね。

いろいろな考え方がある。

それでいい。 だから目立てれます。

もちろん、豪華なお花を買うことも一つ手です。
お金を出せば素晴らしいお花の作品はつくれます。
(新卒採用も同じですよね。給与と同じ)

でも、限られた予算の中で人をきれいに彩るのが僕たち小さな会社の社長なのかなー って思いました。

お花を人に見立てるだけで、こんなに客観的に見れるのは僕の中で発見でした。

多分、参加された皆様も同じかなー

たまにはこんなセミナーもいいよね。
肩の力を抜いて、客観視する。

そんなセミナー次回は・・・

未定です!!!

もし、いけばなしてみたーーい!! って方がいましたら!!
少し考えてみます!!


The following two tabs change content below.
壁下 陽一
大阪府羽曳野市にある工場付き店舗と阿倍野区にある直営店の2店舗経営する(有)クリーニングビー代表取締役 また宅配クリーニングにも力を入れる。洋服のクリーニングだけではなく、洋服のメンテナンス方法を分かり易くブログで紹介しています。たまにブログやFacebookの使い方講座などの講演活動も行っています。