男は怒ったら負け 

こんにちは あまり怒らないカベシタです。 とか言いながら、昨日はジェットに怒ったな… ま、いいや、忘れてるし。

基本的に怒らないです。 ま、イライラはするけど、
お店とかには絶対にクレームを言わない。

料理が遅い 接客がどうのこうの 料理が冷えてる などなど

絶対に言わない。 いや、僕が行くようなお店はそんな高級店ではないので
言ってはいけないんです。多分、5万円以上のディナーをするなら、言ってもいいと思います。サービス料をとってるんだから。

でも、普通のお店では絶対に言わない。 当然ですよ。
でも、たまにいますよね。怒ってる人。

僕はいつも、この人小さいなー って思う。 僕が行くようなお店で目くじらたてても意味が無い。 逆に恥ずかしいです。

この前なんてすき家で接客態度が悪いと怒ってる人いました(笑)
いやいや、すき家で接客を求めるなよ(笑)

怒ると、その人の器の小ささが見えます。 だから怒らない。

怒ると損します

クリーニング屋していると、理不尽なクレーム 多々あります。
半年前に納品したカーディガンのボタンが全部無くなってたりね…
いやいや、さすがに僕らも気付くやろ!! 着る前にもってこい!!

って思ったり思わなかったり、、、

昨年クリーニングだしたらこうなった… っていつの商品やねん!!

とかいろいろ(笑)
ま、言ったらいい! って風潮もありますけどね。

僕たちは冷静にその人を見ます。

『口調』『身なり』『仕草』

そんな中、一番僕たちの気分を害し、『この人はお客じゃない徹底的に戦おう』と決める時があります。

それは一方的な 『怒り』

大声により恫喝、威嚇などは多々あります。
※僕はいつも反笑いになります

その筋の方はそんなことは絶対にしません。血まみれのアルマーニのスーツはクリーニングしますが、僕たちには一切口を出さない。
紳士的に接してくれます。

怒り、恫喝するのは素人の人。

こういった人は担当者である僕の態度を硬化させる。
僕自身も落としどころは絶対に譲歩無し。

だって人間だもの。

だから、僕は絶対に怒らない。

4日間の上海滞在で携帯会社から43万円の請求来ても僕は焦らない、怒らない

携帯代 4日間で43万円の請求

2008年 上海に言ったとき4日間でのデータ通信料 43万円

いやー ビックリしましたよ。

請求書の前に 書面が届き
『次回は高額請求になります。現在43万円です』的な書面が届きました。

まじかよ…

フツフツ湧く、怒り。

でもね、ここで怒れば、負けます。 絶対に払いたくない!!

ここは冷静に冷静に

コールセンターへ電話します。

・そんなに使っていない旨
・高額ならなぜ注意喚起しないのか

などを訴えましたが、全然ダメ…

そりゃそうですよ。相手はあの会社 iPhone3G 時代です。

では、相手の痛い所を付く 冷静に 言葉数は少なめ かつ 急所へ

当時のあの会社の急所は 社会的体裁です。
急成長したソフトバンクはやり方が雑

僕は、まずコールセンターの方の名前を聞き

◯◯さん、◯◯さんの給料ならこれは払える??
実際どう??

無理です。

ですよね〜 僕もです。

とりあえず、僕もいろいろ考えたのですが、とりあえず消費者金融いきます。
じゃないと、資金調達できません。

◯◯さんは 無言です。
(よし!! 効いてる)

『海外携帯代 パケ死で消費者金融に駆け込む』

なんてセンセーショナルなニュースはソフトバンクにとって絶対に嫌です。

じゃないと払えないもの

その後、僕は消費者センター いく

もちろん、テレビ局側とも接触する。

やれることやる。
だって、そんなに使った覚えないもの

実際に、海外で携帯の電気をいれているだけで、相当数のパケット代がかかるのです。現在地の把握にメールの受信など。

それ意外 使ってないのは事実です。

ガラケーとスマホの違いを思いっきり味わいました。

担当は、上司に相談します、と電話を切りました。

この時点で、僕は徹底的に戦う準備を…
いまならSNSで拡散ですけど、当時は何も無く…

30分後

今回は無料に…

って。

よし!!

冷静に語る これに限ります。

怒っても状況を悪化するだけ、相手に寄り添う

これが本当に大事です。

怒る人は経験が無いだけです。

怒っても解決しない。損するだけ。

相手をよく見て、穏やかな口調で急所にぶち込む

これです。


The following two tabs change content below.
壁下 陽一
大阪府羽曳野市にある工場付き店舗と阿倍野区にある直営店の2店舗経営する(有)クリーニングビー代表取締役 また宅配クリーニングにも力を入れる。洋服のクリーニングだけではなく、洋服のメンテナンス方法を分かり易くブログで紹介しています。たまにブログやFacebookの使い方講座などの講演活動も行っています。