やっぱり優しくなることは大事だなー

損得勘定で動かないこと

最近、僕が感じていることです。

ちなみに僕は損得勘定でしか動きません(笑)
だって、そうですよね。 自分の時間ですもの。

損得勘定で動かないということは、自分を押し殺して動くということ。
『時間がもったいない』『その時間で何か出来る』
そう思ってしまう。 これ当然です。

でも、人のために動くということは、自分を押し殺して動かないとだめですよねー
そこに売上げが関係なくても。

先日、忘れ物を持って博多駅から新大阪まで新幹線で持って来た人がいました。
自分のお店の仕込みをお母様に任せてね(笑) 往復6時間 新大阪滞在時間 10分

間違いなく、自分の為に動いていません。

でも、そんな彼にはやはり神様の手助けが来るんですよね〜(笑)

でも、これも第一歩の動きの早さである。

損得勘定無しで動ける人

損得勘定を考えずに動ける人は、正直って優しい人です。とにかくみんなに優しい人。
お金お金していない人。

30歳を超えて、お金を切り離して考えている人は優しさが滲み出ると僕は思います。

お金を切り離せない人は『売り込み』の人です。

これは間違いない。

売り込み臭は言動、目線、指先、毛穴、すべてから出ています。

そろそろ、優しくならないとね。

僕も気をつけよう。

そうしよう

あっ こうた おつかれさま


The following two tabs change content below.
壁下 陽一
大阪府羽曳野市にある工場付き店舗と阿倍野区にある直営店の2店舗経営する(有)クリーニングビー代表取締役 また宅配クリーニングにも力を入れる。洋服のクリーニングだけではなく、洋服のメンテナンス方法を分かり易くブログで紹介しています。たまにブログやFacebookの使い方講座などの講演活動も行っています。