しゃーないやん そんなもんやん の精神が僕は好き

こんにちは カベシタです。 今日は1日エクスペリエンスマーケティング塾のサポートです。ま、サポートといってもお菓子を買う役くらいです。あとは懇親会の盛り上げ役?その程度です… 今日はカベシタの心の持ち方を書こうと思います。

僕ね。人を見るのが好きです。そこそこ記憶力がいいので、どんなシュチュエーションでどんな話をどのような口調で話したか? それを感じ取っています。目線や息づかい、姿勢、そして指の先までね。 めちゃくちゃ見ます。そんな人を見て来て感じたこと。

愚痴を言う人は、器の小さな人

ま、これに尽きますね

よくお店でクレームを言っている人もそうです。器が小さい。 勉強させたってる! って言う人もいうけど、そんなもん誰も望んでない。本当に優しい人なら。威圧的じゃなく、優しく笑顔で『もっと、こうしたらいいよ。その方がお客様喜ぶよ。じゃ、また来るね』って感じ。

もし、そのお店がリッツカールトンみたいに、サービス料を頂戴し、サプライズの為に努力を惜しまない会社ならいいですよ。(もちろんサプライズ代金は請求されます)
普通のお店で、そんな接客望むなよ って僕は思うのです。

たまに、日本社会に愚痴を言う人も同じ。 言うなら、やれよ。 って 立候補したら?って思う。
立候補できないなら、粛々と考え投票するのみ。 それで十分。

結局、愚痴や苦言を言う人には人は集まりません。 やはり、明るく楽しくがモットーやね。 基本的なことです。

しゃーないやん。そんなもんやんの考え方

僕はいつもしゃーないやん。そんなもんやん。仕方ないね。っていつも思っています。スグに諦めると言われればそうかもしれません。詰める方ではないです。
でもね、全てが解決しないし、できません。 妥協は大事。そして自分が出来ることをやるだけ。
人間なんてそんなもんです。自分ですべてをやる人は責任感が強いように感じますが、折れたらもろいよー

料理が来るのが遅い しゃーないやん
道が混んでる そんなもんやん

そんな感じです。

父が癌です。余命6ヶ月です。 そんな時でも しゃーないなー です。 これ実話ね。
だって、僕は医者ではありません。看護師でもない。知識もない。 もうね、お医者さんを信じるしか無い。 ただそれだけ。
抗がん剤治療の是が非か?なんてどうでもいいんです。 父が心をお医者さんに任せることが大事。そして、僕たちは残り6ヶ月 いかにいい思い出を残すか?
これだけ考えればいいと思う。

もうすぐ死ぬなら、何ができるか?  これが大事。
悲観なんてしない。

前に歩くのでもなく。父と一緒に家族で顔を少し上に向けるだけ。

それだけです。

頑張っても、急いでも、焦っても、怒鳴っても

一緒

じゃあ 優しい時間を送りたいですよね〜

そんなことを思った朝でした。

さ、今日も一日がんばろー


The following two tabs change content below.
壁下 陽一
大阪府羽曳野市にある工場付き店舗と阿倍野区にある直営店の2店舗経営する(有)クリーニングビー代表取締役 また宅配クリーニングにも力を入れる。洋服のクリーニングだけではなく、洋服のメンテナンス方法を分かり易くブログで紹介しています。たまにブログやFacebookの使い方講座などの講演活動も行っています。