真剣に、人の話は聴いた方が良い

こんにちは カベシタです。

今日は人のお話を聴き方について書きますね。
最近、ビジネスセミナーを聴きにいくと、一生懸命聴いてることをパソコンに入力したり、
Twitterに連続で発信してる人いますよねー。
Twitterで発信される方はとっても嬉しいのですけど、お金を払って受講してるなら、発信してる暇なんて無いと思う。もったいないなーっていつも思っています。

セミナーなどでとっても大事なお話をする時にパソコンを叩いてる人も同じ。絶対に見直してないし、見直したとしてもただの文字を思いだしても大事な所は抜けています。今日はその辺りのことを書きますね。苦言的だけど大事なこと。

聴く という意味

中学生のとき国語の島崎先生に教わったこと。聴くという漢字は『目と心と耳で聞く』という意味を聴きました。多分その時は『十』の意味もあったと思いますが、僕は目と心と耳で聞く。で覚えています。実際いままでは授業を受けた場合、しっかりノートに書かないと見返せなかったですよね。でも、今、ノートに書き写す前にスマホで写真とりますよね。これでノートは必要なくなります。もちろん、全ての言葉がスライドに入っていないので多少メモは必要かも知れません。
でもね、僕が今一番大事だと思ってるのは、講演者の目を見て聴くこと。

目線・目配り
笑顔
細かな動き

こういったところを見ようとしています。その人が話す情報なんてブログやFacebook、本や動画などで予め入手は可能です。しかし、その人の声の大きさ、張り、目線、オーラなどはその現場じゃないと感じられない。ですから、いくらセミナーの写真をTwitterで発信しても、受信した人には100%は伝わらないし、発信しているアナタの自己満足なだけです。
もっと真剣に聴かないと!! ダイちゃん!! だから何度も同じこと聞き直すんですよ!

情報なんて何処からでも入手できる時代。だからこそ五感で感じることが必要

五感でもっともっと感じる。感じることが出来ない人は正直言ってSNSもヘタクソ。自分本位の発信になっています。
人の話を聴かない人も同じです。逆に言うと、SNSの発信がヘタクソな人は『人の話を聞いてるようで聞いていない』人が圧倒的に多いです。 山谷… ケイタ… マツジン… シロマ… 杉本… 水出…

多過ぎ!!大杉です!!

もっと、人の話を聴こう!! 心から聴こう!!
一挙手一投足を見逃さない!!

訓練だと思って、人の話聞きましょう!!

 

 

Twitterの発信もよく考えよう

Twitterの連続発信も考えようです。 発信することで喜ぶ人がいることも事実です。でもその発信はアナタの為になっていますか? ただ単の発信ならそれは伝わらないし、僕は『この人はTwitterに夢中で今を楽しんでいない』とすら考えます。※個人的見解です。  発信するなら、もっと自分の中に落とそう。 こんな話をすると『待ってる人がいる』とかお答えになる人いますけど、もうお互い分かってますよね。あの空気感はライブじゃないと伝わらないって。
そんなことが分かっているのに、ガンガン投稿するのは勿体ない。

僕はそう思っています。 あなたの発信は後日でいいですよ。その前に今を楽しみ、今を勉強しよう。それが最大の気付きになります。


The following two tabs change content below.
壁下 陽一
大阪府羽曳野市にある工場付き店舗と阿倍野区にある直営店の2店舗経営する(有)クリーニングビー代表取締役です。  店舗運営に加えて宅配クリーニングにも力を入れる。洋服のクリーニングだけではなく、洋服のメンテナンス方法を分かり易くブログで紹介しています。 たまにブログやFacebookの使い方講座などの講演活動も行っています。