コミュニティーは作るのではなく、結果的に構築されるモノ

おはようございます。 カベシタです。

今日はコミュニティーのお話をしますね。僕がやっているマックスブログ塾ですが、
唯一自慢できるモノとすれば、参加者同士がとっても仲が良いということ。

どれくらい仲が良いかというと、

 

ブログ塾3期のエイサクのお子様の誕生日を、ブログ塾1期のメンツでお祝いする
スクリーンショット 2016-06-22 07.04.21
同じブログ塾ですので、期の枠を超えるのはいいとして…
自分の子供の誕生日をこんなおっさんやおばはんの場所に選ぶか…

って思います(笑)

オトウサン ショウキデスカ??

 

そして、昨日は芦屋で
スクリーンショット 2016-06-22 07.03.50

 

 

ブログ塾生さん 1期、5期、7期が仕事の打ち合わせに、芦屋マダムのマドンナと山陰の押花の家元が乱入し
打ち合わせでは無くなっている様子…

もうね、僕ですらついていけないです…

先日は大阪の粉浜商店街に集まって、みんなでもつ鍋パーティーやってるし、
スクリーンショット 2016-06-22 08.07.59

 

 

今度は姫路の山奥でバーベキューをするみたい…

スクリーンショット 2016-06-22 08.30.01

 

 

 

ええ、遊びすぎです。。。

 

 

僕の知らない場所で、勝手に遊んでくれることが嬉しい

僕は昔から幹事をしてきたので、人を集めたり、人を喜ばすことが得意です。
でもね、今まではずっと、僕が先頭に立って皆を率いて来た感じ
ただ単に率いるなら、僕はいとも簡単にみんなを率いてみせます。
ただ楽しませればいいんですからね。

しかし、今ブログ塾のメンツは各自でイベントを立ち上げて、勝手に遊んでいる。これには、
 ブログ塾生に集う人、一人一人が皆をリスペクトし、認めている
これに尽きるなと思います。

だって、皆様もそうでしょ。面白くない人の集まりには行きたくないでしょ。
小さなコミュニティーの中の小さな集まりかもしれない。でも、僕はこうやって、僕抜でも遊ぶのは本当に素敵だと思います。
僕も楽だしね。いつまでたっても言い出しっぺはツライ

コミュニティーは作るのではなく、結果、作れたモノ

師匠の藤村正宏先生が【あなたのコミュニティーを作るべき】と仰られます。
でもね、このコミュニティーって言うのがなかなか難しいのです。

僕は売上げに似ていると思っています。

 

・追いかけると逃げていく
・一時的な売上げ(コミュニティー)を上げても継続しない
・お客様の心を掴まないといけない

考えれば考える程難しい、しかも売り物や商品にお客様が価値を見いだすのではなく
主催者に価値を見いだすものなんですよね。
(僕は懇親会が美味しい という付加価値で攻め抜いてます)

だから、コミュニティーを作るではなく、結果的に出来ていた。が理想です。
でも、そんなに簡単に出来ないんですよねー

すぐに、意図的にコミュニティーを作りたがる。

これは、その人の発信を見ていればすぐに分かります。
【売上げ目的に見込み客を集めているのか】
【参加者の事を考えて行動しようとしているのか】

本当にすぐ分かります。

特にFacebookのグループページ、メッセッンシャー、LINEグループなどで形だけのコミュニティーは形成されやすい。
本当にカンタンに見た目のコミュニティーは形成されます。

でも、その中身。。。

そのグループページ動いてますか??
あなたは参加してますか?? 
主催者は見てくれていますか??

そういうのしっかり見ましょうね♪ 特に会費があるなら余計に注意っす♪

 

まとめ

人気のある人はコミュニティーを是非作りましょう。

人気のない人はもっと優しくなろう。
そして、人に興味を持とう


The following two tabs change content below.
壁下 陽一
大阪府羽曳野市にある工場付き店舗と阿倍野区にある直営店の2店舗経営する(有)クリーニングビー代表取締役です。  店舗運営に加えて宅配クリーニングにも力を入れる。洋服のクリーニングだけではなく、洋服のメンテナンス方法を分かり易くブログで紹介しています。 たまにブログやFacebookの使い方講座などの講演活動も行っています。