ブログはせめて1200文字は書こう

こんにちは マックスブログ塾のカベシタです。

ブログ塾と言っておきながら、ほとんどをFacebookでの自分の見せ方の方が
価値があるんじゃない?? って最近思っています。

ブログを書き始めて反応がいいブログ、悪いブログがあります。

 

 

反応がいいブログの兆候として

・時間をかけずに書いている。『あっ今日めっちゃスラッと書けた。』という感じ
・そして、そこそこの文章量を書いている。800文字から1000文字くらい
・もちろん、書くポイントや書くべきことを抑えている。

テクニック的なことより、気持ちで書いている場合がほとんどです。
それが、文章に勢いをもたらす。

※私見です。僕は国語2です

反応が悪いブログの兆候

・前後が決まっているコピペ文章
・自分の商品や、イベント、セミナー内容しか書いていない。
→ 購入後、何ができるか書いていない。
・前後のコピペ文章を削ると200文字くらいしか書いていない。

 

たったこれだけを改善すれば、結構読まれるようになります。

実践された方がこの人

シュワルツ浅井さん
http://ameblo.jp/schwarze-asai/
昨年10月以降のブログをそれ以前のブログを見比べたら一目瞭然です。

 

 

 

 

 

スクリーンショット 2015-09-29 17.24.46

 

見た目ウザイけどね。

最近、このウザいが価値になりつつある。

先月、東京の敏腕経営者から『あの大砲持った人に会いたい』と言われ、
今日もあるかたから、『シュワルツさんのブログが大きく変わった なぜ?』

と聞かれました。

 

何が変わったのか??

 

仕事のことを書くのですが、短文になると確実に売り込みになります。
※ブログは自分の仕事を紹介するだけで売り込み臭くなる

だから、気持ちで書いて頂いてます。
自分の会社にお客様が来ることなんて考えていない。

それを3ヶ月続けたら、先日シュワさんのジムにブログを見て入会希望者が来たんですって。
僕はそれだけで嬉しいんだけど、さらに嬉しかったのが、

『そのお客様、僕のブログ全部読んできてくれて』

ってシュワさんが報告してくれたこと。

ブログを全部読んであなたにお願いしたい。

って、なかなか難しいですよね〜

 

 

 

僕とか無理無理(笑) でも、僕のブログでファンですって言う人は多いです。

これもありがたいこと。

とうことで、2月頃にマックス新年会 in 大阪 やろーっと

 

 


The following two tabs change content below.
壁下 陽一
大阪府羽曳野市にある工場付き店舗と阿倍野区にある直営店の2店舗経営する(有)クリーニングビー代表取締役です。  店舗運営に加えて宅配クリーニングにも力を入れる。洋服のクリーニングだけではなく、洋服のメンテナンス方法を分かり易くブログで紹介しています。 たまにブログやFacebookの使い方講座などの講演活動も行っています。