ブログを書くなら、自分の名前で書こう

こんにちは カベシタです。 今日は奈良県の友人の写真館までお布団を納品に来ました。
で、帰りに会社に携帯で連絡したら、パトさんに追いかけられ… 御用…
運転中の携帯電話はアカンね

ということ今日はこのお話。

ブログを書くなら自分の名前で書こう

ブログを書いた方がいい。ということはほとんどの方が言っています。でもね、正直毎日書くのはスゴイハードルが高い。僕の周りの人たちは毎日書くのが習慣化されているので全然苦になっていないのですが、僕も書き始めた頃は1ヶ月に3度の更新程度でした(笑)
その時のブログの書かない理由は、『会社の為にならない』『そんな時間がない』などなど(笑) やらない理由はすぐに上がります。

その中でブログを書くのはいいのですが、是非自分の名前でブログは書いて欲しいと思います。
僕もたまに読む イドカバネット というポータルブログサイトがあります。

Googleで イドカバネット と検索して下さい
スクリーンショット 2015-09-18 11.57.24
なにやら一杯でてきます。 一番上をクリックすると

 

イドカバネットというサイトが出てきます。 イドカバネットとはクリーニング屋さんが集まって何か活動をするグループなので、クリーニング屋を勧誘するページになります。でもね、イドカバネットの本当に素晴らしい所は、メンバーさんのブログなんです。
どこを探してもそのブログには行かない…

結局 イドカバネットで検索しても消費者は???になる

スクリーンショット 2015-09-18 11.56.35

で2つ目に検索
スクリーンショット 2015-09-18 11.57.24

やっと、このブログ イドカバネットのブログ

スクリーンショット 2015-09-18 12.02.49

このサイトは本当に素晴らしい、クリーニング屋の素敵な情報はこのブログに集まっているといっても過言ではないです。

ライターの方も、本業の傍らにブログを書いてくれています。毎日書けないけど、いい記事を本業の傍ら書いてくれています。
しかも、業界では本当に有名な方ばかりです。当たり前ですが僕より全然有名ですから(笑)

でもね、いくらいい記事書いても、それはイドカバネットの記事なんですよ…
イドかバネットは業界紙がやっているサイトなので、この記事は業界紙に寄与することになる。

そんなブログどんだけ書いたって、クリーニングのお店のお客様は見てくれませんよ。
もちろん0%ではないです。それを見て来店する場合もあります。

どうせ書くなら、店名を掲げて、実名でブログを書いた方が絶対にいい。
僕はそう思います。

自分のブログを本気で書いて、いい記事をイドカバネットに転載する。
それくらいでいいと思います。

クリーニングの業界紙に僕たちのお店が紹介されても、ほとんどのお客様は気付かないです。
ま、一応、喜んでくれると思いますけどね。

どうせ、ブログを書くなら、地元のお客様に発信しましょう。

本当にいい記事ですもん。

お客様は、店主のブログには興味あるけど、イドカバネットには興味が無いです。

※業界ネタですいません。

でもね、いろいろな業界も同じことが起きている。業界でよく似た考え方の方が集まって、みんなでブログを回して書く。
別にいいけど… パンチ力は半減します。(大元にはそれなりに還元されます)

せっかく、誰でも、自由に発信出来る時代なんですから、みんな発信しましよーーーーー