クリーニング屋さんのハンガーはお店で回収してくれる

こんばんは クリーニングビーの壁下です。
今日はクリーニング屋さんのハンガーのお話

クリーニング屋さんにクリーニングに出すと必ず付いて来るハンガー
プラスチックのハンガーもあれば、針金ハンガーのお店もあると思います。

プラスチックハンガーですが、このハンガーも衣類の為に作っていません。
昨日のブログのビニール袋同様に、最低限のハンガーです。
プラスチックハンガーで原価で15円〜20円くらい
針金ハンガーは10円切るくらいでしょうか?

このプラスチックハンガーでジャケットやコートを半年間掛けておくと、
衣類に型くずれをおこしますよ〜。
肩幅のある、太めのハンガーを利用する事をオススメします。

お洋服を購入した時に付いているものでオッケーです。
なければ100円均一のお店でもいいですよ〜

デラックスクリーニングされた方はハンガーもそのまま保管出来る幅広のハンガーを
使用しているのでそのまま保管して下さいね〜。

基本的にクリーニング屋の備品なんて使い捨てなんです。
だって、クリーニング代金が500円程度なのに、ハンガーの原価に100円なんて
掛けられないですよね。※デラックスクリーニングは別です。

だからクリーニング屋さんのハンガーはお家で使わない事をオススメします。
ブラウスとか軽くて薄い洋服ならいいですけどね〜。

そして、このクリーニング屋さんのハンガー
実は多くのクリーニング店で回収してくれたり、サービス券と交換してくれたりしています。
本当にほとんどのクリーニング屋さんでハンガーの回収をやっているので、
ハンガーが溜まって邪魔だな〜っと思っている方は、今お使いのクリーニング店で
一度『家にあるハンガーって引き取ってもらえます?』
って聴いて下さいね〜


The following two tabs change content below.
壁下 陽一
大阪府羽曳野市にある工場付き店舗と阿倍野区にある直営店の2店舗経営する(有)クリーニングビー代表取締役です。  店舗運営に加えて宅配クリーニングにも力を入れる。洋服のクリーニングだけではなく、洋服のメンテナンス方法を分かり易くブログで紹介しています。 たまにブログやFacebookの使い方講座などの講演活動も行っています。